旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:稚内天然温泉 港のゆ

2019/01/02

稚内副港市場 稚内天然温泉 港のゆ 建物

稚内に来たら基本的にゆっくりすると決めたキューティー吉本は、温泉に行くことにしました。稚内天然温泉 港のゆです。場所は、JR宗谷本線の稚内駅から、南稚内駅方向に歩いて20分ほどのところ、稚内副港市場の中にあります。

稚内天然温泉 港のゆ 玄関

料金は、大人750円、中学生700円、小学生以下420円です。フェイスタオルのレンタルが50円、バスタオルのレンタルが200円です。

玄関で靴を脱いで、下駄箱にしまいます。下駄箱の鍵と入浴料を払えば、ロッカーの鍵がもらえます。帰るときは、ロッカーの鍵をフロントに返すと、下駄箱の鍵がもらえます。

稚内天然温泉 港のゆ 玄関

お風呂は、内湯がサウナ、水風呂、高温泉、中温泉、泡風呂です。それから、稚内港が一望できる露天風呂があります。このうち、高温泉、中温泉、露天風呂が天然温泉です。

温泉はナトリウム・炭酸水素塩-塩化物冷鉱泉で、やや黄色い色をしています。いわゆる重曹戦で、つるすべ感があるお湯です。キューティー吉本の体感温度的には、サウナ90℃、高温泉42℃、中温泉・露天風呂・泡風呂41℃でした。やはり北海道だけあって、お湯はやや熱めにしているみたいです。

まずは、高温泉に入ります。高温と言っても、中温泉よりはやや熱いぐらいですね。その後、サウナ→水風呂の順に入ります。冬の稚内ですから、水風呂が氷水になっていないかと心配しましたが、大丈夫でした。続いて、露天風呂へ。キューティー吉本的にはややぬるめのお湯にゆっくり入りたいところなのですが、露天風呂のお湯をぬるくすると寒くて入れないかもしれないですね。

その後、休憩。本来ですと寝っ転がって休むために作ったと思われる、露天風呂の横の板の間が、雪が積もってただのデッドスペースになっていました。ただし、内湯にリラックスチェアーがいくつもあったので、これで十分休憩できます。その後、中温泉→サウナ→水風呂→泡風呂と続けました。泡風呂はただ気泡が出るだけじゃなくて、背中にジェット水流があたる仕組みになっていました。ただし、威力はイマイチです。

稚内副港市場 港町一丁目商店街 昭和の雰囲気が漂います

施設は、2階がフロントとお食事処、3階が浴場と休憩スペースになっていました。休憩スペースは、リクライナーが並ぶ本格的な休憩スペースになっていました。これで750円なんですから、かなりお得ですね。

稚内副港市場 稚内港駅 もちろん仮想の駅ですけどね

まず、お湯がすごくいいこと。しかも、内湯が木の香りで落ち着くこと。更に、露天風呂から海が見えること。ここはホントよくできていると思います。ここは十分お勧めできます。

あわせて読みたい

日帰り入浴レビュー:稚内温泉 童夢 本音を言うと、稚内に来たキューティー吉本が一番行きたかったのはここ。稚内温泉 童夢です。なぜかと言うと、ここが日...
日帰り入浴レビュー:谷地頭温泉 諸般の事情で湯の川温泉で温泉に入れなかったキューティー吉本は、函館にもう一つある温泉に行くことにしました。谷地頭...
日帰り入浴(失敗):湯の川温泉 大盛湯... 湯の川温泉には、日帰り入浴できる旅館のほか、大盛湯という公衆浴場があります。キューティー吉本も行ってみることにし...
日帰り入浴レビュー:犬吠埼観光ホテル... 犬吠埼周辺の温泉旅館やホテルは、大抵日帰り入浴ができます。その中でも、気軽に利用できる犬吠埼観光ホテルに来てみま...
日帰り入浴レビュー:京王高尾山温泉 極楽湯... 高尾山に行った帰りに、立ち寄ってみました。京王高尾山温泉です。 場所は京王線高尾山口駅の真横でして...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください