旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:飯坂温泉 波来湯

2019/03/06

飯坂温泉 波来湯 建物外観

飯坂温泉の摺上川沿いに、日帰り温泉があります。波来湯です。飯坂温泉駅から歩いて1~2分のところにあります。

営業時間は6:00~22:00。定休日は火曜日です。入浴料は、大人300円、子供150円です。貸バスタオルが180円、貸フェイスタオルが120円です。ただし、鯖来湯にも入る予定であれば、タオルを250円で買った方がいいと思います。

飯坂温泉 波来湯 1階 フロントと浴室は地下1階です

入口を入ると、ほぼがらんどうです。フロントと浴室は、地下1階にあります。

自動券売機で入浴チケットを買って、フロントに渡します。下駄箱はシンプルなタイプです。脱衣場にはロッカーがありまして、100円リターン式です。

浴室には、湯舟が2つあります。手前がぬる湯で、加水をしています。奥があつ湯で、源泉かけ流しです。温泉は弱アルカリ性単純泉で、無色透明です。キューティー吉本の体感温度的には、ぬる湯で42℃~43℃、あつ湯で45℃~46℃です。

飯坂温泉 波来湯 地下1階 自動券売機

まずは、ぬる湯で身体を慣らします。1分ほど入って、体が慣れてきたところで、あつ湯に入ります。正直これはかなりの熱さ。あまりの熱さに入れない人もいるかもしれません。もっとも、鯖来湯にはあつ湯しかないので、ぬる湯という選択肢があるだけでもましなのですが。ちなみに、たまたま一緒にいた観光客と思われる人は、10秒と足を浸けられませんでした。

草津温泉大滝乃湯で慣れているキューティー吉本でさえ、あつ湯に入れるのは1分が限度。ぬる湯に入って、身体を冷まします。ぬる湯と言っても普通のお風呂から比べると、十分熱いです。で、しばらく休憩して、あつ湯→ぬる湯→休憩を3回ほど繰り返しました。

飯坂温泉 波来湯 分湯漕 建物の周りが足湯になっています

鯖来湯は歴史の香りがするお風呂だったのに対して、波来湯は現代的なお風呂でした。飯坂温泉にお越しの際は、ぜひ両方とも入っていただきたいと思います。ただし、定休日がありますのでご注意ください。

あわせて読みたい

日帰り入浴レビュー:飯坂温泉 鯖湖湯... 飯坂温泉に来たからには、温泉に入って帰りたいと思います。飯坂温泉駅から歩いて5分ぐらいのところにある、鯖湖湯です...
日帰り入浴レビュー:極楽湯 福島店 何と、JR福島駅の中と言ってもいい場所に、日帰り温浴施設があると聞いたので行ってみました。極楽湯 福島店です。...
日帰り入浴レビュー:いわき湯本温泉 さはこの湯... いわき湯本温泉には、みゆきの湯ともう一つ、日帰り温泉があります。さはこの湯です。ご覧の通り、文化財級とは行かない...
日帰り入浴レビュー:いわき湯本温泉 湯本駅前 みゆきの湯... いわき湯本温泉には、日帰り温泉が2か所あります。そのうちの一つが、みゆきの湯です。その名の通り、湯本駅前にありま...
日帰り入浴レビュー:会津高原温泉 夢の湯... 場所は、会津鉄道と野岩鉄道の会津高原尾瀬口駅から、歩いて3分ぐらいのところにあります。駅と直結している「憩の家」...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください