旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

南海りんかんバス 高野山 一日フリー乗車券

2019/06/25

南海りんかんバス 高野山 一日フリー乗車券

今日は、高野山内を色々回ろうと思います。その前に、高野山 一日フリー乗車券を買います。

これは、南海りんかんバスの高野山駅前・大門・奥の院前を結ぶ区間が、一日乗り放題になる切符です。運賃は、大人830円、子児420円です。

南海りんかんバス 高野山駅 営業所と切符売り場

この切符は、高野山駅の隣にある、南海りんかんバスの営業所で売っています。南海りんかんバスの車内や、南海電車の駅では売っていないので、注意しましょう。

南海りんかんバス 車内 千手院橋付近を走行中

大人830円というと随分高いように見えるんですけど、これ結構便利だったりするんです。理由は2つありまして、まず南海りんかんバスって結構運賃が高いんです。普通に乗れば、高野山駅前-大門が380円、高野山駅前-奥の院前が410円かかります。・・・ということは、3回乗ればまず元は取れます。で、高野山駅前-奥の院前を往復しただけでも、運賃の差は10円なんです。

もう一つの理由が、何とこの南海りんかんバス、南海電車のグループ会社だというのに、PiTaPa・ICOCA・Suica・PASMOなどの交通系ICカードが使えないんです。この写真をよーく見てください。運賃箱にICカードリーダーがついていませんよね。なので、一日フリー乗車券がないと、いちいち現金で払わないといけないんです。しかも、つり銭が出ないという。

高野山ケーブル 高野山駅 出発を待機する南海りんかんバス

高野山駅が高野山内でも外れたところにあるので、高野山駅から歩いて寺院や観光名所を回るのはムリです。なので、どうしても南海りんかんバスに乗ることになります。ならば、一日フリー乗車券を買っておいた方がいいです。

あわせて読みたい

旅行記:大阪・奈良・和歌山を4泊5日で旅してきました その内容のまとめ... 今回は、大阪、奈良、飛鳥、和歌山、高野山まで4泊5日で行ってきました。その時の内容をまとめます。 1日目。...
高野山 ケーブルカー 南海高野線で、高野山行きの列車に乗っても、1つ手前の極楽橋駅で降ろされます。なぜかと言うと、高野山駅は高野山ケー...
高野山 奥之院 パワースポットとても有名な、高野山 奥之院です。壇上伽藍と並び、高野山の二大聖地です。 正式な参道は一の橋...
金剛峯寺 主殿 広い意味で金剛峯寺と言えば高野山全体を表すのですが、狭い意味で金剛峯寺と言えばここのことでしょう。金剛峯寺 主殿...
壇上伽藍 金剛峯寺 金堂 壇上伽藍(だんじょうがらん)とは、奥之院と並ぶ、高野山の二大聖地のひとつで、弘法大師が最初に整備に着手した場所で...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください