旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

高野山 奥之院

2019/07/01

高野山 奥之院 中の橋

パワースポットとても有名な、高野山 奥之院です。壇上伽藍と並び、高野山の二大聖地です。

正式な参道は一の橋からスタートします。最寄りバス停は、一の橋口です。ただ、一の橋からスタートするとかなり歩くので、キューティー吉本は中の橋からスタートです。中の橋の最寄りバス停は、奥の院前です。

高野山 奥之院 参道

参道は石畳になっていまして、灯篭が並びます。これが夜だと、ちょっと怖いかも知れませんね。

高野山 奥之院 日産自動車物故従業員慰霊碑

参道には、お墓や慰霊碑が立ち並びます。中には、誰でも知っている会社の慰霊碑もあります。これは、日産自動車の慰霊碑です。

高野山 奥之院 英霊殿

参道を左に進むと、英霊殿があります。

高野山 奥之院 参道

この橋を渡ると、奥の院の建物が見えてきます。

高野山 奥之院 御供所

橋を渡るとこんな感じ。手前にあるのが御供所なのですが、御朱印を求める人で長蛇の列ができていました。

高野山 奥之院 護摩堂

護摩堂です。

高野山 奥之院 御廟橋 ここから先は撮影禁止です

御廟橋(ごびょうばし)です。この橋を渡ると、弘法大師空海御廟への霊域に入ります。このため、ここから先は写真撮影禁止です。

この橋は、36枚の橋板と橋全体を1枚として37枚と数え、金剛界37尊を表しているといわれています。橋板の裏には、仏を表す梵字が刻まれています。古くから、お大師様が参詣する者をこの橋までお迎えくださり、帰りはお見送りくださると信じられています。そのため、僧侶はこの橋を渡るたびに、合掌礼拝します。

高野山 奥之院 バリアフリー経路ご案内

で、御廟橋の先はどうなっているのかと言いますと、灯籠堂がありまして、ここをお参りした後、周りをぐるりと一周します。

高野山 奥之院 灯籠堂 御廟橋手前から撮影

灯籠堂がある辺りをアップで撮ると、こんな感じ。多くの人がお参りしています。

あわせて読みたい

金剛峯寺 主殿 広い意味で金剛峯寺と言えば高野山全体を表すのですが、狭い意味で金剛峯寺と言えばここのことでしょう。金剛峯寺 主殿...
壇上伽藍 金剛峯寺 金堂 壇上伽藍(だんじょうがらん)とは、奥之院と並ぶ、高野山の二大聖地のひとつで、弘法大師が最初に整備に着手した場所で...
金剛峯寺 大門 高野山の西の端にあるのが、大門です。重要文化財でして、重層の五間三戸、入母屋造、銅瓦葺の楼門です。最寄りバス停は...
極楽橋駅 私鉄の特急のターミナル駅としては、(恐らく)乗降客数最下位を誇る駅、南海高野線の極楽橋駅です。 南...
高野山駅 南海高野線の電車で、行先表示が「高野山」となっている電車があります。この電車の行先は、高野山駅・・・ではなく、1...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください