旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道

2020/01/15

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 入り口

折角鳴門公園に来たので、ここは一つ大鳴門橋に行ってみたいと思います。鳴門公園バス停から10分弱、大鳴門橋架橋記念館エディから3分ほど歩いたところに、大鳴門橋遊歩道 渦の道があります。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 大鳴門橋の下にあります

渦の道は、大鳴門橋の下にあります。ここは将来的には列車が走るはずの場所です。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 入り口には徳島県立海の道と書いてあります

入場料は、大人510円、中高生410円、小学生260円です。大鳴門橋架橋記念館エディへも行くのであれば、2施設入館セット券を買った方がお得です。2施設入館セット券は、大人900円、中高生660円、小学生400円です。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 入り口から入ってすぐのところ 道は東側へ曲がります

遊歩道に入ると、大きく右に曲がります。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 鉄道が走るはずのところ

ここが、将来列車が走るはずの場所です。ここに列車が走る日は来るのでしょうか?

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 展望台への長い道のり

入り口から先の展望台までは、長さが約450mあります。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 渦の道の案内図

遊歩道の見取り図です。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 第2休憩所 全体

展望室までの遊歩道には、ところどころに休憩所が設けられています。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 第2休憩所 東側がガラス張りになっています

休憩所の部分は、ガラス張りになっています。大鳴門橋から東側を見ることができます。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 第2休憩所 床がガラス張りになっています

でもって、床の一部がガラス張りになっています。高さは約45mあるそうです。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 道は大きく右に曲がります

遊歩道が、大きく左に曲がります。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 途中から橋の西側を通ります

つまり、大鳴門橋の西側も見れると言う訳です。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 展望室 外から撮影

遊歩道の先に見えるのが、展望室です。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 展望室 入り口

展望室の入り口です。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 展望室 渦潮を見るポイント

展望室からは、時間帯によっては渦潮が見えます。どこから見えるか案内があります。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 展望室 床がガラス張りになっています

でもって、床の一部が4枚のガラス張りになっている箇所が、2か所あります。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 展望室 渦潮

こちらが、ガラス張りの床から見た、渦潮です。頑張れば、うずしお観潮船から見た後、ここからもう一度渦潮を見ることができます。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 展望室 西側を撮影

大鳴門橋から西側を見ると、こんな感じです。

鳴門公園 大鳴門橋 遊歩道 渦の道 展望室 出口

橋の下の遊歩道ということで、およそ舞子プロムナードのようなところでした。ここはぜひ行って欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください