善光寺


信濃 善光寺 仁王門

長野に行ったら、ここへ行かないとダメでしょう。善光寺です。場所は、長野駅からバスで15分ぐらいのところにあります。バスの運賃は150円です。

善光寺大門のバス停からしばらく歩くと、仁王門が出迎えてくれます。現在の仁王門は、1918年(大正7年)に再建されたものだそうです。

信濃 善光寺 仁王門から山門までの参道

仁王門の先に山門があるのですが、参道にはお土産物屋さんや飲食店が立ち並びます。

信濃 善光寺 駒返り橋

駒返り橋です。源 頼朝が馬で参拝した際、ここで馬の蹄が挟まってしまい、ここで馬を返して歩いて参拝したという逸話が残っています。

信濃 善光寺 山門

山門です。重要文化財で、1750年に建てられたそうです。上層には仏間があり、文殊菩薩像や四天王像、四国八十八か所尊像が安置されているそうです。

信濃 善光寺 本堂

本堂です。中はかなり広いのですが、写真でお見せできないのが残念です。

信濃 善光寺 本堂

なので、もう少し近づいて撮影してみました。

信濃 善光寺 親鸞聖人像

親鸞聖人像です。浄土真宗の宗祖で、鎌倉時代に越後から東国への旅の途中で善光寺に参拝され、善光寺如来様の御前に松の枝を供えられたと言われています。

信濃 善光寺 濡れ仏

濡れ仏です。1722年(享保7年)に完成し、日本全国を行脚する巡礼者を供養するため、法誉円心が広く施主を募って立てたそうです。

信濃 善光寺 六地蔵

六地蔵です。輪廻を繰り返す6つの世界に現れ、迷いや苦しみから救ってくださる菩薩様です。右から順に、地獄界、餓鬼界、畜生界、修羅界、人界、天界の地蔵菩薩様です。

信濃 善光寺 大勧進

善光寺 大勧進です。

信濃 善光寺 旧如来堂跡地蔵尊

旧如来堂跡地蔵尊です。元々は、ここに本堂があったそうで、旧本堂の御本尊の如来様があった位置に建てられています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です