旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

特急ひたち ときわ

2014/11/30

常磐線で、上野から水戸を経由して、いわきを結んでいるのが特急ひたちです。

JR常磐線 E657系 特急スーパーひたち 前面 上野駅にて

もともとの名前は特急ひたちでした。ところが、国鉄がJRになったとき、速達タイプの常磐線特急に新型車両を入れまして、名前を「スーパーひたち」にしました。で、残りの車両を入れ替えたときに、名前を「フレッシュひたち」と付けまして、ここから話がややこしくなってしまいました。

JR東日本としては、「スーパーひたち」「フレッシュひたち」って車両に付けた愛称のつもりだったと思うのですが、いつしか「スーパーひたち」に使うはずの車両に「フレッシュひたち」として運転させたり(あるいはその逆)、普通の人から見ると「じゃあ、この愛称の違いってなに?」って話になってしまいました。で、上野水戸間ノンストップ(一部列車が土浦停車)で、いわき方面に直通するのが「スーパーひたち」。柏・土浦・石岡・友部・水戸などの途中駅に停車して、勝田駅止まりなのが「フレッシュひたち」ということになっています。

しかし、どうにもややっこしいという点にJR東日本が気付いたのか、上野東京ラインが開業して、東京品川方面に直通するタイミングで、愛称を変更することになりました。停車駅の少ない速達タイプの列車が「ひたち」、停車駅の多いタイプの列車が「ときわ」です。

JR常磐線 E657系 特急スーパーひたち シート 肘掛にコンセントがついています

このシートを見て一瞬、「なにこれ? グリーン車?」と思ってしまったのですが、これグリーン車じゃないんです。普通車なんです。じゃあグリーン車ってどうなるのって、恐らくシートピッチが違う、リクライニングの角度が違うってことなんでしょうか。とにかく、効率重視のJR東日本には見られなかった、とってもハイグレードな座席です。

しかも、この写真をよーく見るとわかるのですが、肘掛にコンセントがついているんです。壁にコンセントがついているというパターンはあったのですが、それだと通路側に座った人がケータイ・スマホを充電できず、なるほどうまい方法を考えたなと思います。

JR常磐線 E657系 特急ときわ シート背面

最近の特急のお決まりではあるのですが、シート背面にはテーブルがついています。コートフックとボトルホルダーがついているのが今風ですね。また、テーブルにはインターネット接続とコンセントの使い方も書いてあります。

さすが最近の特急といいますか、公衆無線LANによるインターネット接続が利用できます。ただし、UQ Wi-FiかBBモバイルポイントと契約している人だけです。

JR常磐線 E657系 特急ときわ 座席頭上のランプ 空席状況を表します

頭上には、まるで普通列車のグリーン車を思わせるようなLEDランプがついています。これは、座席の空席状況を知らせるランプです。

JR常磐線 E657系 特急ときわ テーブル背面 インターネット接続サービスとコンセント、座席上のランプの説明が載っています

JR東日本の指定席料金ぼったくり戦略に合わせ着席ニーズにこたえるため、特急ひたちとときわは、全車指定席です。なので、自由席特急券では特急ひたちとときわには乗れません。その代わり、座席未指定特急券という、指定席特急券なんだけど座席の指定をしていない特急券があります(料金は指定席特急券と同額)。座席未指定券を持っている人は、空席を利用するルールになっていまして、頭上のLEDランプを見ればどこが空席かがわかるシステムになっているんです。

JR常磐線 E657系 特急ときわ 座席上のランプのご案内

このLEDランプの意味も、テーブル背面に書いてあります。赤は空席、つまり指定席券を持っている人がいないことを表します。座席未指定券を持っている人は、赤ランプがついている席のいずれかに座ります。黄色は、間もなく指定席券を持っている人が来ることを表します。緑色は指定席券を持っている人がいる、つまりこの席は埋まっていることを表します。ランプが黄色や緑になったら、座席未指定券を持っている人は、席を譲らなければいけません。

しかし、頭上のランプが普通列車のグリーン車のSuicaシステムを連想させる点は否めません。事実、必死でSuicaをタッチしようとしている人がいました。よーく見ると、Suicaリーダーがついていないんですけどね。また、座席未指定券が指定席特急券と同じ料金というのは、どうにも納得がいきません。車内で座席の指定を受けられるようにするか、立席特急券同様に自由席料金にするべきだと思います。

実は常磐線って仙台まで(正確にいうとそのちょっと手前の岩沼まで)つながっていまして、過去には上野から仙台まで行く「スーパーひたち」が運転されていました。東日本大震災の影響で常磐線の一部区間が不通になり、「スーパーひたち」の仙台駅乗り入れは中止になっているのですが、はたして復活する日は来るのでしょうか。

あわせて読みたい

交直流電車って一体なに? 電気には、直流と交流の2種類があります。直流は、+と-があらかじめ決まっていて、乾電池からの電気は直流です。交流は一定の...
常磐線ユーザーは上野東京ラインに期待しないほうがいい理由... 2015年の3月に、上野東京ラインが開業します。上野東京ラインが開業すると、東海道線、宇都宮線、高崎線、常磐線が、東京駅...
日帰り入浴レビュー:つくば温泉 喜楽里 別邸... 今日はちょっと訳ありでして、行きたかった日帰り温泉の条件が・・・ ボディケアがあること(ま、これは大...
旅行記:仙台・石巻・女川へ2泊3日で旅してきました その内容のまとめ... 今回は、宮城県まで2泊3日で行ってきました。その時の内容をまとめます。 1日目。東北新幹線で仙台駅に到着で...
日帰り入浴レビュー:つくば温泉 喜楽里 別邸... ついに・・・といいますか、とうとう・・・といいますか、岩盤浴がいっぱいで入れない状況に遭遇しました。ま、休日でも...

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください