旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

西高島平駅 廃墟寸前の駅だった

2016/02/13

東京都営地下鉄 三田線 西高島平駅 駅名票

都営三田線の終着駅、西高島平駅です。しかし、都営三田線に乗ると、高島平→新高島平→西高島平と、「高島平」と付く駅が3つ連続して並んでいまして、高島平ってさぞすごいところなんだろうなと期待して行ってみたのですが・・・いや、キューティー吉本としては未だかつて地下鉄の駅で、しかも東京都内で、これだけ秘境駅感ハンパない駅は初めて見ました。

東京都営地下鉄 三田線 西高島平駅 コンコース 昭和の時代の雰囲気を感じます

西高島平駅は、地下鉄なのに地上にあります。電車を降りましたら、階段やエスカレーターで下に降ります。そこで目にした光景は、「そう言えば、昭和の時代の地下鉄って、こんな感じだったよね」って感じでした。例えば、この写真の「出口」の表示。ホームの番線を表す「1」「2」の表示。どこか昭和の時代にタイムスリップした感じです。

東京都営地下鉄 三田線 西高島平駅 駅入り口 駅高架下にスーパーがあります

で、駅を出た瞬間、思ったのは「なにこれ???」

都営三田線の高架線と、駅こそあるものの、見えるのは道路。一応駅構内で営業しているスーパー(写真で「酒たばこ」の看板が出ているところです)こそあるものの、他にはめぼしい建物はなし。ここ、本当に人が住んでいるのかと疑いたくなる光景です。

東京都営地下鉄 三田線 西高島平駅 すぐ隣がトラックターミナルです

で、反対側に出てみますと、見えるのは見渡す限りの広ーいトラックターミナル。では、トラックターミナルの利用者、もうちょっと言うとトラックの運転手さんが地下鉄を利用しているのかというと、ビミョー。

東京都営地下鉄 三田線 西高島平駅 廃墟と化した郵便局 高架下にありました

更に、高架下にある建物が3つありまして、1つ目がこれ。真ん前にポストが置いてあるところから想像するに、ここは元々郵便局じゃなかったんじゃないのかなぁと思うのですが、すでに閉店・・・でもって完全に廃墟と化しています。

東京都営地下鉄 三田線 西高島平駅 閉店したお店 高架下にありました

そのお隣の建物がこれ。シャッターが閉まっていまして、看板もなく。どう見てもすでに閉店して、空き家と化していますね。

東京都営地下鉄 三田線 西高島平駅 恐らく営業している思われるラーメン屋さん 高架下にありました

唯一空き家じゃなさそうなお店がこれ。どうやらラーメン屋さんみたいです。しかし、キューティー吉本が行ったときには閉店していまして、本当に営業しているかどうかは定かではありません。

東京都営地下鉄 三田線 西高島平駅 駅コンコース 人影はまばらでした

かくして、駅を降りてはみたものの、生活臭は限りなくゼロ。しかも、乗り降りする人は一応来るものの、ご覧のとおり駅構内は人影はまばら。挙句の果てに、駅前に廃墟と化したお店まであるという始末でして、これ以上悪化したら東成田駅並みの廃墟駅の仲間入りなんじゃないかと思います。列車もまともな本数が運行されていますが、これは都営地下鉄の運行の都合としか思えなくて。これだけの本数を走らせる必要があるのかと言われると、ないと思います。

東京都営地下鉄 三田線 西高島平駅 ホーム 終点なのでここが行き止まりです

ただし、効果となっているホームから見ますと、駅の先にマンションは建っているみたいで、なるほど一定の需要はあるのかもしれません。だったら駅前にコンビニぐらいあっても良さそうに思うのですが。

東京都営地下鉄 三田線 西高島平駅 ここから先に線路が伸びることってあるんでしょうか

都営地下鉄三田線の端っこです。ここから更に延伸できるようになっているのですが、はてさて延伸することってあるんでしょうか。

1 件のコメント

  • 地下鉄サム より:

    はじめまして。
    昨日、志村方面から炎暑歩いて西高島平に到着しました。
    もう新高島前後から廃墟ismがプンプンしていて、西高島平の倉庫臭には一人でテンションあがりました。
    そういえば駅の終着点(起点じゃなくて終点の方)で高架のレールが途切れているのを見るのは初めてかもしれません。
    でお昼は西高島平まで我慢しよう(こんな駅だと知らなかったので)と空腹と疲れを堪え続けてたどり着いたのですが、駅前にはラーメン屋さんと飲み屋さんが一件ずつだけ。で、飲み屋さんは閉店?ラーメン屋さん一瞬閉店しているように見えたので愕然としました。が、fatなお姉ちゃんが普通にドアひいて入っていったので助かりました。
    店内は物凄く古いというか味があって。メニューの手書きとかが茶色くなって読めないぐらい。
    これまた茶褐色の漫画がたくさん壁に並べてあって、おじいさんとおばあさんの2人でやっている店でした。
    美味しかったです。がビール飲んだのでもうちょっとつまみっぽいメニューがほしかったです。
    いやあ、本当に最果ての果てに来た感があって、もう一度行きたい店、じゃなくて駅です(何するわけじゃないけど)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください