旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

秋田新幹線 こまち

2016/07/10

秋田新幹線 こまち E6系 前面 盛岡駅にて

秋田新幹線こまちです。こうして見てみると、はやぶさの色違いにも見えます。東京から上野大宮仙台盛岡へ行きます。盛岡までははやぶさに併結されまして、盛岡からは在来線区間を走りまして、雫石、田沢湖、角館、大曲秋田へ行きます。

かつて、この列車が数少なかったころ、スーパーこまちという愛称がついていたのですが、今では全列車がこれになったので、愛称はこまちに戻りました。

秋田新幹線 こまち E6系 側面 この列車は盛岡駅発のはやぶさとして運行されています

キューティー吉本がはやぶさの切符の予約をしたとき、窓側の席を指定したのに「D列」と言われ、

「は!? D列だったら通路側だろ!」

・・・と思ったら、列車を見て納得しました。秋田から運転しない場合、はやぶさ、やまびこ、なすのとして運転されるんです。キューティー吉本が予約した列車ははやぶさだったのですが、盛岡始発でして、秋田新幹線こまちの車両を併結していたというわけです。こまちの車両は在来線区間を走るので、在来線を走る特急列車と同じA列とD列が窓側なんですね。

秋田新幹線 こまち E6系 普通車 室内 新幹線なのですが在来線も走るため、2列-2列です

普通車指定席の車内です。最近のJR東日本の特急列車でよくある、枕の付いたシートです。はやぶさはグレーだったのですが、こまちは黄色が基調になっています。

秋田新幹線 こまち E6系 シート背面 ドリンクホルダーはありますが、傘立てがありません

シート背面です。今まで評判が悪かったゴムバンドがなくなり、網式の物入れになりました。でもって、ボトルホルダーとコートフックが付いているのですが、はやぶさにはあった傘立てがありません。ま、これはあったとしても「これ一体何?」と乗客に理解されず、そのままなくなったんじゃないかと思います。

秋田新幹線 こまち E6系 シート側面

シート側面です。細かい話ではありますが、シート座面スライド機能はなくなりまして、こまちでは普通にリクライニングシートになりました。

秋田新幹線 こまち E6系 窓側にあるACコンセント

窓側には、ACコンセントが付いています。これだと通路側の人が使えないのが痛いところですか。欲を言うと、かがやきみたくシートの後ろにつけて、通路側の人でもコンセントを使えるようにして欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください