タグ別アーカイブ: まつり湯

日帰り入浴レビュー:浅草ROX まつり湯


まつり湯 新しくなった1階エレベーターホール

いつの間にか、1階のエレベーターホールが新しくなっていました。以前はまつり湯専用の入り口があったのですが、なくなりまして。普通に浅草ROXの入り口を入った先に、まつり湯行きのエレベーターがある感じになりました。ま、すっきりしたといえば、そうなんですけどね。

冷や奴 まつり湯にて

で、本日の呑みは、まず冷や奴から。290円でした。

鰻のかば焼き まつり湯にて

ちょっと奮発したのがこれ。鰻のかば焼きです。なんと、1,580円でした。あんまり期待していなかったのですが、想像以上に大きくて、肉厚の鰻が出てきました。ただし、恐らくはまつり湯で焼いているものではないと思います。

ざるそば まつり湯にて

最後の〆はざるそば。620円でした。ここのおそば、意外とおいしかったりします。

当時はアイプラスのメインサイト構築中だったため、この後7階にあるテーブルで、Surface 3でぽしょぽしょいじっていました。実はまつり湯って、無料Wi-Fiが使えるんですよね。でも、なんか休んだ気がしない…



日帰り入浴レビュー:浅草ROX まつり湯


浅草ROX まつり湯 7階エレベーターホール 浮世絵と羽子板が浅草らしいですね

まつり湯の欠点の一つが、喫煙コーナーが仕切られていなくて、しかもお風呂への入り口の町核にある点。そりゃあ煙草を吸う人ならうれしいかもしれませんけど、煙草を吸わない人にとっては煙いし、お風呂あがってすっきりしたところに煙草の煙をかぶる羽目になるし。いい加減どうにかして欲しいと前々から思っていたのですが、ついに重い腰を上げて、喫煙室を作ることになりました。

浅草ROX まつり湯 喫煙室設置の告知

はい。これが分煙に関する告知の看板です。でもって、後ろにビミョーに見えるのが、今のご時世ではあり得ないと言いたくなる、仕切りも何にもない喫煙コーナーです。

では、喫煙室はどこにできるのかというと、6階のお食事処の隣。昔、キッズコーナーがあったところです。じゃあ、キッズコーナーはどうなるのというと・・・ま、子供が多く来る施設ではないし、そもそも6階フロア自体がキッズコーナーみたいなものだって言うことで。

アサヒドライゼロ グラスで 浅草ROX まつり湯にて

今日は諸般の事情で、ノンアルコールビール。瓶詰で出てくるケースが多い中、ここはグラスに注いで出てきました。泡までうまいというのが売りみたいですが、うーんどうなんだろう???

アンコウの唐揚げ 浅草ROX まつり湯にて

で、おつまみがアンコウの唐揚げ。680円でした。レモン汁と酢醤油でいただきます。唐揚げと言っても、衣がカリッとした感じ。キューティー吉本的には、レモン汁だけで全然OKでしたよ。お味はというと、淡白な白身のお魚って感じで、言われなかったらアンコウだってわからないでしょうねぇ。

鶏そば 浅草ROX まつり湯にて

まつり湯のお食事処って、この手の施設にしては珍しく、ラーメンの種類が多かったりします。キューティー吉本が頼んだのが、鶏そば。790円でした。これ、絶対あっさり塩ラーメンだろうと思ったら、その通りでした。細めの麺とのマッチングも良くて、うまかったですよ。これ、お酒飲んだ後の〆にも良さそうな感じですね。ただし、〆に食べるんだったらもう一回り小さくないときついかも。



日帰り入浴レビュー:浅草ROX まつり湯


浅草ROX まつり湯 エレベーターホール前 なぜか

なんとなくいつもと違うなと思ったら、いつもの暖簾がありません。でも安心してください。ちゃんと営業してますから。

浅草ROX まつり湯 お泊りパックを始めた告知ポスター

エレベーターに、こんな告知看板を発見。お泊りパックなるサービスを始めたんだそうです。ポスターによると、お風呂に入って、朝までベッドでおやすみできるプランなんだそうです。しかも、途中外出も可能で、使いようによってはカプセルホテル代わりに使えそうです。お値段は5,400円で、入館料と深夜料金、ベッドの予約料金が含まれているそうです。

浅草ROX まつり湯 フロア案内図 男性おやすみルームは6階 女性おやすみルームは7階

しかし、一体どこにベッドを置くのかと、フロア案内図を見てみました。どうやら、おやすみルームというのが、ベッドが並んでいるお部屋のようです。でもって、男性用が6階で、元マッサージルームだった場所です。女性用が7階で、元お昼寝部屋だった場所です。

写真を見る限りだと、カプセルホテルみたくカプセル式のベッドじゃなくて、普通の2段式ベッドみたいです。ここは浅草でして、観光ニーズがあるとはいえ、5,400円も払えばうかうかしていると普通にホテルに泊まれそうなお値段(東京のど真ん中だと無理かもしれませんが)なので、キューティー吉本的にはちょっとビミョー。

で、今日は諸般の事情で飲めないので、普通にお食事です。しかし、メニューを見て気づいたのですが、まつり湯っておつまみ系のメニューは充実していて、お食事系のメニューも充実しているはずなのに、ちょっと頑張った自分へのご褒美系のメニューが意外となかったりするんですね。

なので、お寿司とお蕎麦という組み合わせにすることに。「お寿司と半そばのセット」なるメニューもあるのですが、それだと面白くないので、もう少し贅沢してみます。

鯵の刺身と握り寿司のセット 浅草ROX まつり湯にて

で、まず頼んだのが、鯵のお刺身と握りずしのセット。850円でした。ちょっと臭みがあるので握りずしはどうかと思ったのですが、意外といけました。

天ざるそば 浅草ROX まつり湯にて

次に注文したのが、天ざるそば。なんと、1,360円でした。しかし、一体なんでそんなに高いのかと思ったら、実物を見て納得しました。これ、お蕎麦よりも天ぷらの方が分量多いじゃん。しかも、大エビが2匹も入ってるし。いや、こんなすごい天ざるそばが食べられるとは思っても見ませんでした。




日帰り入浴レビュー:浅草ROX まつり湯


浅草ROX まつり湯 入館料の改定について

今日、行ってみてびっくり。なんと、2015年12月1日から料金が値上げされていました。

これまで、大人料金2,190円だったのが2,500円に、子供料金1,143円だったのが1,250円に値上げされました。しかも、土・日・特定日は休日割増料金が300円加算されるそうです。挙句の果てに、この金額は税別金額でして、大人が休日に入ると、税込みで実に3,024円取られるわけでして、いやこれはいくら何でも高すぎるでしょう。

その代わり、会員料金というのが追加されていまして、大人2,150円、子供875円です(消費税別)。こちらは従来よりも値下げされていまして、「皆さん会員になってくださいね」と言いたいらしいです。

鮟肝ポン酢 浅草ROX まつり湯にて

で、今日は季節限定メニューであん肝ポン酢があったので、頼んでみました。520円でした。こちらはポン酢が別添えでついてくるという、ちょっと珍しい出し方。とにかくこの鮟肝が濃厚で、まるでバターをかじっているような感覚。ポン酢とのマッチングもよろしい感じです。欲を言えば、もう少しポン酢を多めに持ってきて欲しかったな。

鰤の刺身 浅草ROX まつり湯にて

つづいて、これも季節限定メニューですが、寒ブリの刺身を頼んでみました。730円でした。これもかなり脂が乗っていまして、お魚のお刺身としては濃厚な感じのお味でした。カンパチやはまちを更に濃くした感じのお味でした。日本酒よりも、ビールやハイボールが合う感じです。

ちなみに、JAF会員は500円の値引きだったのですが、今日のレシートを見てみると、「入館料 1,850円」でした。しかも、税込み価格です。この料金がいつまで続くのかはわかりませんが、JAF会員にとってお得であることは間違いないです。




日帰り入浴レビュー:浅草ROX まつり湯


浅草ROX まつり湯 玄関

再度行って参りました。変わった点は、別府の湯が和倉の湯に変わった点ぐらいですか。ま、温浴剤を使っているので本物の温泉ではないんですけどね。あと、目の前にROX3ができたため、6階のお食事処から東京スカイツリーが見えなくなってしましました。夏だったら、ここから隅田川花火大会の花火が見えたんですけどね。あ、露天風呂からはちゃんと東京スカイツリーが見えるので大丈夫です。

タラの芽の天ぷら 浅草ROX まつり湯 にて

で、いつものごとく風呂上がりの呑みです。最初は、たらの芽の天ぷら。ほろ苦くておいしかったですよ。日本酒よりも、ビールやハイボールが合う感じです。

鱈ちり鍋 浅草ROX まつり湯 にて

続いて、鱈ちり鍋。一人鍋ができるからと頼んでみたのですが、結論から言うとハズレ。まず、固形燃料の火力が弱く、鍋のお湯が全然沸かないんです。しかも、肝心の鱈は2切れしか入っていなくて、残りは白菜その他諸々のお野菜。なので、鱈ちり鍋を食べているというよりは、白菜鍋を食べている感じ。ま、680円でうまい鱈ちりを食べようというのがそもそもの間違いなんですけどね。

握りずしと半そばセット 浅草ROX まつり湯 にて

最後に、握りずしと半そばセット。お寿司を肴にお酒飲んで、〆にざるそばを食べようという戦略だったんですけどね。しかし、握りずしが5貫あると思っていたら、4貫しかなく。おそばも半分の大きさで、1,380円はちょっとお得感ないかなと思いました。せめて、お寿司が5貫だったら。

ただし、今回はメニューの選択をミスりましたが、ここのお食事処のメニューがかなり充実しているのは確かで、また行ってみようと思います。