旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

奥日光 湯元温泉バスターミナル

2015/05/28

東武バス日光 湯元温泉バスターミナル 日光駅行きのバスと建物

東武日光駅からおよそ70~80分ぐらい(注:紅葉シーズンの渋滞にはまるともっとかかります)で、日光湯元温泉に着きます。ここが東武バスの終点で、バスターミナルになっています。しかしこのバスターミナル、ちょっとありえないことになっています。

「そう言えば、バスの入口って左側なんだから、バスターミナルの建物はバスの左側にないとダメなんじゃない?」

確かに、この写真だとバス停にしては立派な山小屋がありまして、なるほどここがバスターミナル・・・にしてはちょっと建物が小さいかな、なのですが。この写真を引くと・・・

東武バス日光 湯元温泉バスターミナル 全景 不必要なまでに広いです

はい。どうですか、この無駄に広いバスターミナル。はてさて、一体バス何台止まれるんでしょうねぇ。

「紅葉のシーズンになったら、バスを大増発するんでしょ?」

多分それが理由なんだと思うのですが。しかし、秋の紅葉シーズンに来たときも、やっぱりバスの本数は同じ。多客時を見込んで広いバスターミナル(て言うかバス車庫と言った方がいいかも)を作ったのはよかったのですが、オンシーズンでも結局みんな中禅寺湖や華厳の滝で折り返してしまうので増発の必要がなく、この広いバスターミナルが残ったってとこなんでしょうか。

東武バス日光 湯元温泉バスターミナル 日光駅行きバスと待合室 バスはSuicaが使えます

バスターミナルと言っても、切符売り場はありません。待合室があるだけです。あ、もしかしたら運転手さん用の休憩室があるかも知れません。

東武バス日光 湯元温泉バスターミナル 待合室内

待合室の中です。かつてここには切符売り場があった面影が残っています。自動券売機か、Suicaチャージ機ぐらいはあっても良さそうに思うのですが。

なお、日光駅行きのバスは、朝・夕が1時間に1本、昼間は30分に1本出ています。日光駅までの運賃は1,700円で、Suicaが使えます。

↓お得なJR+宿泊プランを日本旅行で見る方は、ここをクリック
首都圏発 関西発 中部発 北海道発 東北発 北陸発 中国発 四国発 九州発

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

当サイトおすすめ
楽天トラベル
Yahoo! トラベル
アソビュー