旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

東武鉄道 特急スペーシアきぬ

2015/06/18

東武鬼怒川線 特急スペーシアきぬ 日光詣号 前面 下今市駅にて撮影

なんと! 期間限定バージョンでしょうか。下今市駅にゴールドのスペーシアが停まっていました。このデザイン、結構かっこいいので、いっそ全部これに塗り替えて・・・て、それじゃあこの列車のありがたみがないか。

東武鬼怒川線 特急スペーシアきぬ 日光詣号 側面のシンボルマーク 下今市駅にて

側面はこんな感じ。日光詣のシンボルマークが描かれています。ちなみに、モチーフは日光東照宮の「見ざる・聞かざる・言わざる」と、「眠り猫」です。

東武鬼怒川線 特急スペーシアきぬ 日光詣号 車内 枕カバーが黄色いのが特徴です 鬼怒川温泉駅にて撮影

しかも、帰りのスペーシアがこの日光詣号でした。これが、車内です。一見すると、普通のスペーシアと同じように見えるのですが・・・

東武鬼怒川線 特急スペーシアきぬ 車内 浅草駅にて撮影

これが、普通のスペーシアの車内です。行きのスペーシアに乗った時に、浅草駅で撮影しました。見比べてみるとわかるのですが、日光詣号は枕カバーが黄色のスペシャルバージョンなんです。

東武鬼怒川線 特急スペーシアきぬ 日光詣号 シート背面 枕カバーにもシンボルマークが描かれています 鬼怒川温泉駅にて撮影

しかも、枕カバーの背面にもシンボルマークが描かれています。

DSC_0387

東武特急スペーシアきぬの詳細は前回の記事に書きましたが、3号車にはビュッフェのほか、自動販売機があります。自動販売機では、清涼飲料水が買えます。アルコール類は売っていません。車内販売か、ビュッフェで買います。ちなみに、ビュッフェではお弁当類のほか、生ビールを売っています。

東武鬼怒川線 特急スペーシアきぬ シート フットレストがついているのが特徴です 浅草駅で撮影

シートはかなりゆったりしています。東武特急のお決まりといいますか、フットレストがついています。やはり東武鉄道のフラッグシップだけあって、スペーシアのシートが一番豪華で、座り心地がいいです。

東武鬼怒川線 特急スペーシアきぬ 春日部駅での降車口の案内

特急スペーシアは、春日部駅では2号車と5号車の扉しか開きません。これは、春日部駅では降りる人と乗る人の両方がいるためです。理屈は、東武動物公園駅と久喜駅では特急りょうもうの扉が2号車と5号車しか開かないのと同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください