旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

清水寺

2015/08/16

京都 清水寺 仁王門

京都の観光スポットとしては、あまりにも有名な清水寺(念のためですが、こう書いて「きよみずでら」と読みます)です。最寄駅は、京阪電車の祇園四条駅か清水五条駅ですが、だいぶ歩きます。ただし、バスで清水道バス停まで行くと、近くまで行けますが、それでも結構坂道を上がる感じです。そりゃあそうですよね。清水の舞台って、高いところにあるから清水の舞台なんですから。

京都 清水寺 清水の舞台の横 京の七夕

前回来たときは、拝観料節約のため中に入りませんでした。今回は、拝観料300円を払って中に入りたいと思います。しかし、前回来たときと比べて、人の数が全然違うんですけど。

京都 清水寺 三重塔

冒頭の仁王門の横にある、三重塔です。元々は847年に葛井親王が勅命を奉じて創建されたものらしいです。ただし、現在の塔は1633年に再建されたものです。なお、仁王門と三重塔は拝観料を払わなくても見ることができます。

京都 清水寺 本堂

では、清水の舞台がある本堂へ行きます。まずは、本堂にお参りします。

京都 清水寺 清水の舞台の上

続いて、清水の舞台とご対面。あちらこちらで写真を撮っている人がいます。しかし、この写真みたく舞台そのものを撮らないと、あんまり意味がないんじゃないかなと思うのはキューティー吉本だけでしょうか。

京都 清水寺 清水の舞台から下を眺める

で、清水の舞台から下を見ると、こんな感じ。音羽の滝が真上から眺められます。確かに、ここから飛び降りるのは勇気が要ります。

京都 清水寺 奥の院から清水の舞台がある本堂を眺める

これが、清水寺の本堂です。清水の舞台を横から見ると、こんな感じです。いかに高いところにあるかがお分かりいただけると思います。

京都 清水寺 清水の舞台がある本堂を下から眺める

清水の舞台を下から見ると、こんな感じです。この先に、音羽の滝があります。ホント、これだけ高いものをどうやって作ったんでしょう。

京都 清水寺 音羽の滝

音羽の滝です。音羽山中から湧き出る霊水でして、創建以来一度も枯れることがなかったそうです。観音様の功徳水である金色水とも呼ばれ、延命成就、諸願成就のご利益があるとされています。なので、この水を飲もうと行列ができています。

京都 清水寺 境内図

やはりメジャーな観光名所の一つであるため、外国人観光客がいっぱいいました。しかも、浴衣を着ている人もいました。しかも、浴衣を着ているからといって日本人とは限らないという。しかし、恐らく日本人じゃないと思うのですが、浴衣の裾をはだけて歩いている姿はないなぁと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください