旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:いわき湯本温泉 湯本駅前 みゆきの湯

2018/02/20

いわき湯本温泉 湯本駅前 みゆきの湯 建物

いわき湯本温泉には、日帰り温泉が2か所あります。そのうちの一つが、みゆきの湯です。その名の通り、湯本駅前にありまして、湯本駅を出て右に曲がったところにあります。歩いて1分ですね。

営業時間は10:00~22:00(最終受付21:00)で、第3木曜日が定休日です。驚くべきは料金で、大人250円、子供120円と、銭湯と比べてもありえないぐらいの安さです。このお値段ですから、備付のシャンプーやボディソープはありませんし、もちろんタオルのレンタルもありません。しかし、フェイスタオルを買ったとしても90円です。うーん、安い!

靴を脱いで棚に置き、自動券売機で入浴券を買います。入浴券をフロントで渡したら、そのまま脱衣場に行きます。脱衣場には脱衣かごのほか、銭湯式(・・・とキューティー吉本が勝手に読んでいる)のロッカーがあります。ロッカーは無料です。

いわき湯本温泉 湯本駅前 みゆきの湯 入浴料改定のお知らせ

お風呂は内湯のみです。泉質は、含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉です。やや白いお湯で、わずかにトロっとした感じがあります。入浴に適した湯温にするため、加水しているのが残念なところです。

湯舟は、大きいのと小さいのがあります。キューティー吉本の体感温度的には、大きい湯船がぬる湯で42℃、小さい湯船があつ湯で44℃でした。

まずは、誰も入っていない、小さい湯船に入ります。入ったところ、なぜ誰も入っていないのか、理由がわかりました。かなりの熱さです。しかし、草津温泉の熱いお湯に入れるキューティー吉本ですから、これぐらいの熱さならどうにか入れます。

続いて、小さい湯船に入ります。確かに、大きい湯船よりはぬるいのですが、これでも十分熱い部類に入ると思います。で、あつ湯→ぬる湯→休憩を繰り返していました。ちなみに、お客さんはみーんな自前のお風呂グッズを持っていまして、基本的には地元の人なんだと思います。

いわき湯本温泉 湯本駅前 みゆきの湯 フラのまち いわき湯本温泉 ふらふらお散歩マップ

お風呂以外には、申し訳程度に休憩所と自動販売機があるぐらいです・・・が、中は十分きれいで、しかも入浴料は激安で、安心して入れる施設だと思います。ただ、キューティー吉本的には、ここで満足するんじゃなくて、さはこの湯にも行って欲しいと思います。

あわせて読みたい

日帰り入浴レビュー:いわき湯本温泉 さはこの湯... いわき湯本温泉には、みゆきの湯ともう一つ、日帰り温泉があります。さはこの湯です。ご覧の通り、文化財級とは行かない...
日帰り入浴レビュー:会津高原温泉 夢の湯... 場所は、会津鉄道と野岩鉄道の会津高原尾瀬口駅から、歩いて3分ぐらいのところにあります。駅と直結している「憩の家」...
日帰り入浴レビュー:日帰り温泉 富士の湯... なんと、会津若松駅から歩いて2~3分のところに、日帰り入浴できる施設があります。「日帰り温泉 富士の湯」です。場所は、会...
日帰り入浴レビュー:港北天然温泉 スパ ガーディッシュ... 久々に行ってみました。実はここ、JAFの会員だとかなりお得にいけるんです。なぜかと言うと、入場料が3割引きになっ...
日帰り入浴レビュー:天然温泉 平和島... どうやら圧注浴を直すのを諦めたみたいです。こうなると、元々クアハウスだった浴場の老朽化が著しく、大改装のついでに...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください