旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

JR筑肥線の電車

2018/07/10

JR唐津線 西唐津駅 ホーム 唐津・筑前前原・姪浜・天神・博多・福岡空港方面に行く列車が発着します

JR筑肥線は、唐津筑前前原姪浜の路線ですが、姪浜から福岡地下鉄空港線に乗り入れます。また、大抵の列車は唐津駅ではなく、筑前前原西唐津で折り返します。このため、西唐津唐津間は事実上のJR筑肥線と呼んでもいいんじゃないかとう状態になっています。

JR筑肥線 303系 車内 シートが特徴的です

JR筑肥線は、JR九州の路線で唯一の直流電化です。しかしこの列車、JR九州だけあって内・外ともに赤という、ド派手な列車だったりします。また、キューティー吉本が知る限り、地下鉄に乗り入れる列車でトイレが付いているのは、JR筑肥線ぐらいじゃないでしょうか。

JR筑肥線 303系 運転台後ろ 内装はド派手な赤がベースです

福岡地下鉄空港線は、ワンマン運転です。しかし、この列車がJR筑肥線を走るときは、車掌さんが乗っています。

JR筑肥線 103系 前面 筑前前原駅にて

更に、この形式の列車だと、JR筑肥線内をワンマン運転します。だったらいっそ、JR筑肥線内全部ワンマン運転できるのでは???

JR筑肥線 103系 車内 典型的な国鉄時代の電車です

この列車は、恐らく新しい方の列車ができるまで、福岡地下鉄空港線に乗り入れていたんじゃないかと思います。中は、いかにも国鉄の電車って感じですね。

JR筑肥線 103系 運転台後ろ ワンマン運転にもかかわらず運賃箱は付いていません

ワンマン運転なのですが、運賃箱がありません。JR筑肥線には無人駅もあるので、まさか切符は運転手さんが手で回収???

JR筑肥線 303系 車窓から見える唐津湾

JR筑肥線は、海に近いところを走っています。車窓から海が見えるところもあります。

正確に言うと、JR筑肥線は姪浜唐津と、山本-伊万里に路線が分断されています。うち、姪浜唐津(正確にはその隣の西唐津まで)は、SUGOCA、SuicaなどのICカードが利用可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください