旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

興福寺

2019/05/23

興福寺 五重塔 奈良公園側から撮影

奈良市内中心部にあるお寺の一つ、興福寺(こうふくじ)です。法相宗の大本山として知られるお寺でして、その起源は天智8年(669年)に造営された山階寺です。山階寺は壬申の乱の際に移築され、厩坂寺となりました。さらに、平城遷都の際、和銅3年(710年)に藤原不比等の計画によって移されるとともに、興福寺と名付けられたそうです。

奈良市内のど真ん中にありまして、近鉄奈良駅から歩いて5分、JR奈良駅から歩いて20分ぐらいのところにあります。市内循環バスで行く場合、県庁前バス停で降りると便利です。

興福寺 五重塔 境内で撮影

五重塔です。仏教の祖釈迦の舎利(しゃり)(遺骨)をおさめる墓標でして、現在の建物は応永33年(1426年)頃に再建されたものだそうです。

興福寺 東金堂

東金堂です。元々建てられたのは、神亀3年(726年)です。今の建物は応永22年(1415年)に再建されました。

興福寺 南大門跡 後ろに五重塔が見えます

ただの広場のように見えますが、ここが南大門があった場所です。後ろに五重塔が見えます。

興福寺 中金堂

中金堂です。平成30年(2018年)に再建されました。

興福寺 南円堂

南円堂です。弘仁4年(813年)に藤原冬嗣が、父内麻呂の冥福を願って建てたそうです。現在の建物は、寛政元年(1789年)頃に再建されました。

興福寺 三重塔

三重塔です。興福寺で最古の建物で、康治2年(1143年)に建てられました。治承4年(1180年)に被災し、間もなく再建されたそうです。

興福寺 北円堂

北円堂です。養老5年(721年)に建てられまして、現在の建物は承元4年(1210)頃に再建されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

当サイトおすすめ
楽天トラベル
Yahoo! トラベル
アソビュー