旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:新千歳空港温泉

2020/11/13

新千歳空港温泉 入り口 新千歳空港の4階にあります

新千歳空港に温泉があるらしいということで、飛行機に乗る前に行ってみました。新千歳空港温泉です。場所は、新千歳空港(・・・て、新千歳空港になかったら看板に偽りありなのですが)の、国内線ターミナルビルの4階にあります。

営業時間は10:00~翌9:00で、料金は大人1,500円、子供800円、幼児600円で、館内着とタオルのレンタルが付いています。深夜1:00以降は深夜料金として、大人1,500円、子供800円、幼児600円が加算されます。深夜料金が高いのは、場所柄深夜利用が比較的多いためと思われます。また、シャンプーとボディソープの備え付けがあります。

新千歳空港 1階エスカレーター 施設案内看板

お風呂は、内湯がサウナ、水風呂、天然温泉とジェットバス。それに露天風呂があります。温泉はナトリウム塩化物泉で、無色透明です。キューティー吉本の体感温度的には41~42℃。やや熱めのお湯でした。

まずは、天然温泉の内風呂に入ります。ここはかなりの広さです。ただし、無色透明のお湯だけに、温泉に入っているという実感はあんまりなかったりします。サウナ→水風呂の後、露天風呂に行きます。露天風呂も温泉だと思うのですが、ここは結構熱め。もっとも、場所が北海道だけに外気温が低く、露天風呂はそれなりに熱くないと入れないのかも知れません。

露天風呂エリアに椅子があるので、ここで休憩します。滑走路から意外と近いのか、飛行機の離着陸時にエンジン音がします。戦闘機が離陸するときは、轟音が響き渡ります。

この後、ジェットバス→サウナ→水風呂→内湯→休憩を繰り返していました。

新千歳空港温泉 お食事処のご案内

館内は、4階がフロントとお食事処、中4階がお風呂と脱衣場、5階が岩盤浴とリラックスルームでした。リラックスルームにはテレビ付きのリクライナーチェアーがありまして、ゆっくりと休憩できます。岩盤浴エリアは今後改装されるとのことで、閉鎖されていました。館内には客室があるらしく、ここでお泊りできるみたいです。

「空港で温泉なんて、お風呂に入ったら終わりだろう」

・・・と思ったら、いい意味で期待を裏切られました。ここはゆっくりまったりできる日帰り入浴施設でした。下手なスーパー銭湯よりもゆっくりできます。飛行機に乗る前、降りた後にお風呂に入れるのは、正直ありがたいです。また、早朝に出発する便に乗る場合、前日にここへ来て、直前までゆっくりするという使い方もありそうです。(だからこそ深夜料金が高いのかもしれませんが)

欲を言えば、タオルと館内着のレンタルは別料金にして、入館料がもう少しお安くなっていれば嬉しいです。恐らく、飛行機に乗る前後にお風呂に入りたい(でも休憩はしない)というニーズはありそうな気がしますから。

キューティー吉本的には、空港にカプセルホテルを作るぐらいだったら、日帰り入浴施設を作って欲しいと思います。なぜかと言うと、カプセルホテルは基本的にお泊りのみですが、日帰り入浴施設だとお泊りとお風呂の両方のニーズを満たせますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください