旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

秩父駅

2014/11/05

秩父鉄道 秩父駅 駅名票

秩父市のもう一つの中心駅と言ってもいい、秩父鉄道の秩父駅です。西武秩父駅とはだいぶ離れたところにありまして、西武秩父駅との乗り換え駅は隣の御花畑駅です。本来の秩父駅はこっちでして、西武鉄道が秩父まで乗り入れる際、本当だったらこの駅まで乗り入れたかったらしいのですが、無理だということで。仕方なく御花畑駅での乗り換えということになったらしいです。(それでも駅名に「秩父」と入れたくて、駅名を「西武秩父駅」にしたんじゃないかと思えなくもない)

秩父鉄道 秩父駅 駅舎 地場産業センター

秩父鉄道にしては珍しく、駅舎はかなり現代的で、立派なビルです。1階にはお土産物屋さんと立ち食いそば屋さん、2階にはレストランも入っています。3階よりも上が地場産業センターみたいです。

秩父鉄道 秩父駅 駅前ロータリー

駅前には立派なロータリーがありまして、バスとタクシー乗り場があります。また、お土産物屋さんに立ち寄るためなのか、観光バスも止まります。

秩父鉄道 秩父駅 改札口 Suica PASMOは使えません

改札口も、秩父鉄道にしては現代的・・・なのですが。裏が茶色い切符を売っているのに、自動改札がありません。また、秩父鉄道ではSuicaやPASMOが使えないので、カードリーダーもついていません。更に、これが一番信じられないのですが、改札内にトイレがないそうです。(それぐらい作ろうよー)

なお、さすがに自動券売機はあります。また、普段は駅員さんが真ん中(「ホームにトイレありません」の看板のあたり)に立って、切符の確認と回収をしています。

秩父鉄道 秩父駅 ホームへの地下道

改札を抜けるといったん階段を降りて、地下道を通った後、再び階段を昇ります。これまた、秩父鉄道としては現代的なのですが、首都圏の鉄道会社だったらここにエレベーターか、車いす昇降機あたりがつきそうな感じですね。

で、左側に行くと「寄居 熊谷方面」、右側に行くと「御花畑 三峰口方面」と書いてあるのですが・・・

秩父鉄道 秩父駅 ホーム 御花畑・三峰口方向を撮影

ホームは一つしかないので、どっちの階段を上がっても同じだったりします。この写真は、御花畑三峰口方向を映しているのですが、三峰口行きの列車は右側に止まります。逆に、熊谷・羽生方面行の列車が左に止まります。なので、なぜかここは列車が右側通行になっています。

秩父鉄道 秩父駅 ホームと駅構内 熊谷・羽生方向を撮影

熊谷駅三峰口駅同様、駅構内はかなり広いです。どうやらここが、車庫機能の一部を担っているみたいです。また、秩父鉄道は私鉄では珍しく貨物列車がありまして、この秩父駅にも止まっていました。

あわせて読みたい

三峰口駅 秩父鉄道の奥秩父側の終点が、三峰口です。この電車、あろうことか冷房がついていない車両があるんです。こんなところまでレトロ...
御花畑駅 西武秩父駅から歩いて5分ぐらいのところに、秩父鉄道の御花畑駅があります。秩父周辺へ遊びに行くときは、秩父鉄道に乗...
西武秩父駅から秩父鉄道の御花畑駅に乗り換える... 秩父方面へお出かけする場合、事実上の玄関口となっているのが、西武秩父駅。で、ここから秩父鉄道に乗り換える場合、乗...
西武秩父駅 西武秩父線の終着駅、西武秩父駅です。ここで、秩父鉄道に乗り換えできます。が、秩父鉄道への乗換駅は秩父駅ではありま...
横瀬駅 羊山公園への最寄り駅の一つ、西武秩父線の横瀬駅(「よこぜ」と読みます)です。 では、なぜこの駅に来たのかと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください