旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

横瀬駅

2014/05/06

西武秩父線 横瀬駅 駅名票

羊山公園への最寄り駅の一つ、西武秩父線の横瀬駅(「よこぜ」と読みます)です。

では、なぜこの駅に来たのかと言いますと、キューティー吉本的には温泉に行きたくて秩父に来たものの、満願の湯に入れなくて、でも諦めきれずに横瀬駅に来たというわけです。

西武鉄道30000系 正面 横瀬駅にて

ホーム自体は決して大きくはないのですが、長さは結構あります。もっとも、芝桜のシーズンには各駅停車の飯能行きでさえ、これぐらいの長さの通勤電車でないとお客さんをさばけないので、西武秩父線の駅ってどの駅も長いんですけどね。

西武秩父線 横瀬駅 駅舎

駅舎は真新しいのですが、決して大きいわけではありません。しかし、なんとこの駅、特急の停車駅なんです。羊山公園だったら西武秩父駅からでも行けるんだし、芝桜の丘ってどっちの駅から歩いても大して変わんないんだし、一体なぜ???

秩父 武甲温泉と丸山鉱泉への案内看板 横瀬駅から歩いて5分ぐらいのところにあります

考えられる理由の一つがこれでして、横瀬駅から歩いて10分のところに武甲温泉があるんです。実は、キューティー吉本もここを目当てに横瀬駅を降りたのでした。秩父には他にも日帰り温泉はあるのですが、最寄り駅から歩いて行けるのが武甲温泉ぐらいしかないんです。

西武秩父線 横瀬駅 ホームと駅構内

もう一つ考えられる理由がこれ。横瀬駅って西武秩父線の運行上、重要な駅なんです。というのも、ここから池袋・飯能方面は連続した急勾配が続くんです。そのせいか、保線区や留置場は横瀬駅の構内にありまして、駅そのものは小さいものの、駅構内はかなりの広さなんです。

なお、秩父鉄道に乗り入れる列車は横瀬駅で、三峰口方面に行く列車と、長瀞方面に行く列車に分割します。

西武秩父線 横瀬駅 駅構内の保線区 奥に大雪で崩壊した建物があります

横瀬駅の構内には、保線用の車両が止まっています。ちなみに、この写真の奥に建物が立っていますが、これ大雪で崩壊した建物なんです。写真をよーく見ると、シャッターが歪んでいるんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

当サイトおすすめ
アソビュー
一休.com
Yahoo! トラベル