旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

坊っちゃん列車

2015/01/31

夏目漱石の小説「坊っちゃん」に登場する汽車が、松山市駅のすぐ近くにある、伊予鉄道の本社前にあります。

伊予鉄道 1号機関車 伊予鉄道本社前にて

ご覧の通り、小さくてかわいらしい機関車です。正しい名前は、「伊予鉄道1号機関車」というそうです。なぜこんなにかわいらしいサイズなのかというと、軽便鉄道の機関車だからでして、これが日本最初の軽便鉄道なんだそうです。明治21年にドイツから輸入して、以来70年走り続けたそうです。

伊予鉄道 1号機関車 解説 伊予鉄道本社前にて

この伊予鉄道1号機関車を、なんと復元させてしまったそうです。しかも、市内線を走っている・・・てことは、早い話が路面電車です。その名も、「坊っちゃん列車」

伊予鉄道 市内線 坊っちゃん列車

この坊っちゃん列車、、松山市道後温泉を結ぶレトロ列車です。しかし、さすがに蒸気機関車というわけにはいかなかったらしく、ディーゼル機関車だそうです。だとしても、電気を使っていない路面電車(・・・て、電車じゃないのですが)、しかも機関車が客車を引っ張る列車って、全国探しても坊っちゃん列車ぐらいしかないんじゃないかと思います。

坊っちゃん列車って正しくは蒸気機関車ではないのですが、蒸気機関車そっくりの音で、しかも煙突から煙を出しながら走ります。坊っちゃん列車をはじめ、路面電車が松山市内を走る動画を撮ってきました。よかったら見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください