旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:鬼怒川温泉 鬼怒川観光ホテル

2015/06/14

鬼怒川温泉は、鬼怒川に面して巨大ホテルや旅館が立ち並びます。正直、かなりの圧迫感があります。日帰り入浴施設も少なく、基本的には泊まりに行く場所と思った方がいいと思います。

ただし、日帰り入浴できるホテルもありまして、その中の一つ鬼怒川観光ホテルに行ってみます。場所は鬼怒川温泉駅から歩いて10分~15分ほど。ふれあい橋のたもとにあります。なお、歩くのが面倒くさいという人は鬼怒川温泉駅からダイヤルバスという手もあります。

鬼怒川 ふれあい橋から撮影

実はここ、以前に泊まったことがありまして、「日帰り温泉」ののぼりが立っていたのでフロントで聞いてみたところ、日帰り入浴できるそうです。ただし、宿泊客が来ない13:00~16:00の時間帯を狙った方が無難だと思います。

鬼怒川観光ホテル 建物

入浴料は大人700円。フェイスタオルが100円、バスタオルのレンタルが200円です。この手のホテルにしては良心的な値段だと思います。しかも、日帰り入浴客専用の鍵付きロッカーまでありました。ここまで日帰り入浴客を大事にしているホテルはごく少数で、ホントありがたい限りです。

鬼怒川観光ホテル 玄関

お湯はアルカリ性単純温泉で、無色透明です。さらりとしたお湯であるがゆえに、肌が弱い人でも安心して入れます。その代わり、普通のお湯と区別がつかないという意見もあったりします。

お風呂は内湯とサウナ、水風呂、露天風呂があります。内湯はお湯が滝のように流れる岩風呂で、かなりダイナミックな感じです。本当だったら泡風呂もあみたいなのですが、止まっていました。前回泊まった時も泡風呂は停止していたので、きっと動かないんだと思います。やはりホテルの大きさがこれなので、大浴場も本当にこれだけの大きさがないとお客さんを賄いきれないんだと思います。全体的に、お湯は若干熱めにしているみたいで、キューティー吉本の体感温度では42℃ぐらいだと思います。

鬼怒川観光ホテル 露天風呂 外観 ふれあい橋から丸見えだったりします

露天風呂は、女湯の方が広いです。その代わり、女湯の露天風呂はあまり解放感がありません。なぜかと言いますと、このホテルが鬼怒川に沿って建っていて、しかもふれあい橋の真横にあるからです。このため、開放的な露天風呂を作ってしまうと、反対側のホテルやふれあい橋から丸見えになってしまうんです。事実、男湯はこの写真の三角屋根の部分が露天風呂でして、気を付けないとふれあい橋から本当に見えるんです。

前回日光に来たときはここに泊まったため、今回は日光湯元温泉に泊まりました。ちなみに、泊まったのは和洋室でしたけど、改装してからまだ日が浅かったのか、中はきれいでした。また、夕食はバイキング形式で、カニが食べ放題だったのが嬉しかったですね。ひょっとすると、大江戸温泉物語のグループになった時に改装したのかもしれません。お値段も手ごろなので、十分お勧めできると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください