鬼怒川温泉駅 鬼怒太の湯


東武鬼怒川線 鬼怒川温泉駅 駅舎

せっかく日光に来たんだから、鬼怒川温泉にもついでに行ってみようかな、というわけで鬼怒川温泉駅です。駅名の通り、鬼怒川温泉の玄関口になっている駅です。

東武鬼怒川線 鬼怒川温泉駅 駅構内

鬼怒川温泉らしく、鬼がお出迎えしてくれます。

駅構内はちょっと変わっていて、浅草方面へ行く特急スペーシアが1番線と2番線で、跨線橋を渡らずに直接ホームへ行けます。快速列車(と言っても各駅に停まるのですが)を含め、特急以外の列車に乗るには向かって左側の跨線橋を渡ります。3番線が会津田島方面行き、4番線が下今市浅草方面行きです。

東武鬼怒川線 鬼怒川温泉駅 各ホテル行きダイヤルバス 乗り場

駅を出てすぐ右側に、ダイヤルバスの乗り場があります。ダイヤルバスというのは、鬼怒川温泉の各旅館・ホテルへ行く送迎バスです。しかし、送迎バスというのに有料なんです。しかも、鬼怒川温泉駅から歩ける範囲だというのに。送迎バスなんだったら、無料で運行すべきでしょう。

東武鬼怒川線 鬼怒川温泉駅 駅前ロータリー 路線バス タクシー乗り場

駅前ロータリーには川治温泉湯西川温泉方面行きバスの乗り場と、タクシー乗り場もあります。しかし、これだけ大きい駅だというのに、飲食店やお土産物屋さんは少なめです。思うに、鬼怒川温泉に遊びに来る人は大抵ホテルや旅館に泊まるので、食事やお土産はホテル・旅館で済ませてしまっているので、近隣のお店にお金を落としてくれないのでしょう。

鬼怒川温泉 鬼怒太の湯 東武鬼怒川線 鬼怒川温泉駅の前にあります

鬼怒川温泉駅の駅前には、足湯があります。鬼怒太の湯です。この鬼怒太の湯、日にちと時間帯によっては観光客でかなり混み合います。事実、前回行った時は激混みでした。思うに、鬼怒川温泉に遊びに来た日帰り客で、温泉に入りたいというニーズはかなりあるんでしょう。事実、鬼怒川温泉ってこれだけ有名なのに、日帰り入浴施設は少なめだったりします。(日帰り入浴できるホテルだったらありますけどね)

鬼怒川温泉 鬼怒太の湯 足湯の中

鬼怒太の湯の中は、こんな感じです。鬼怒川温泉は無色透明、無味無臭で、確か切り傷に効くって聞いた記憶があるのですが・・・あれ、やけどに効くだったかな?

日光湯元温泉のにごり湯とはだいぶ違いますけど、キューティー吉本の水虫がこの鬼怒川温泉の湯で治ったので、効果はあるんだと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です