旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

居酒屋かわばた屋 はも天丼

2015/08/05

居酒屋かわばた屋 鴨川方向から

京都で夏に食べたくなるものといえば、はも。漢字で書けば、鱧ですね。はもは小骨が多いので、骨切りといって身を細かく刻まないと食べられないんです。それ故、結構お高い代物なのですが・・・

銀閣寺へ行こうと三条京阪をうろうろしていたら、はも天丼なる看板を発見! これは食べてみるしかないと思って、入ってみました。

居酒屋かわばた屋 はも天丼 小うどん付き

出てきたはも天丼がこれ・・・なのですが、天丼といいつつご飯がほとんど入っていません。なので、はもの天ぷらと小うどんに限りなく近い感じです。ちなみに、赤い部分は梅干しの天ぷらだそうです。そういえば、はもって梅肉をつけて食べるケースってありますよね。

うなぎ同様、はもはスタミナがつく食べ物なんですけど、とっても淡白なんですね。こちらのはもの天ぷらも同様でして、とっても淡白なお味です。それでいて、はもの味を邪魔しない、薄味の丼つゆがまたいいですねぇ。しかも、れんこんやみょうがといったお野菜の天ぷらまでついてきましたよ。

お値段は1,380円と、ちょっとお高かったんですけど、京都ではもが食べられて、満足です。

居酒屋かわばた屋 東山方向から

ここはもともと、京津線三条駅があったところです。それが、地下鉄東西線が開通した結果、京津線は御陵(こう書いて「みささぎ」と読む)から地下鉄東西線に乗り入れる形になりました。結果、地下鉄が地上に出た後、急勾配を山登りして、挙句の果てに道路を走るという、全国でもまれに見る過酷な環境を走る電車になってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

当サイトおすすめ
楽天トラベル
Yahoo! トラベル
アソビュー