旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

宿泊記:ホテルマイステイズ プレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌)の写真付きレビュー

2016/12/27

ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌) 建物

キューティー吉本が札幌でお泊りしたのが、ホテルマイステイズ プレミア札幌パークです。昔、アートホテルズ札幌時代に泊ったことがありまして、今回は2回目です。

ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌) 1階カフェ 朝はハーフバイキングがあります

場所は札幌地下鉄南北線の中島公園駅、1番出口から2~3分のところにあります。大通すすきのといった繁華街からちょっと距離があるのが欠点ですか。コンビニは、徒歩5分以内にセブンイレブンとローソンがあります。

ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌) セミダブルルーム 室内 玄関方向から撮影

ホテルマイステイズにリブランドした後も、中は変わっていないみたいです。写真は、セミダブルルームです。

ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌) セミダブルルーム 室内 玄関から窓方向を撮影

中は比較的オーソドックスな感じなのですが、お部屋はやや広めに作られています。なので、ベッドと窓の間には空間がちゃんとあります。

ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌) セミダブルルーム ベッド

ベッド。セミダブルベッドだけに、一人で寝るにはかなり広いです。

ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌) セミダブルルーム 室内 窓側から玄関方向を撮影

窓側から室内を見ると、こんな感じ。ベッド脇には目覚まし時計と電話がついています。しかし、ベッド脇にコンセントがないのが欠点ですか。

ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌) セミダブルルーム デスクと椅子 椅子は2つあります

デスク回りです。椅子は2つあります。2つ目の椅子の配置が?なのですが、恐らくは2人で泊まった時のために椅子が2つあるということなのでしょう。

謎なのは、テレビの下のカードリーダー。これは、有料放送を見るときに、クレジットカードで支払うことができるようにするためのものです。

ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌) セミダブルルーム 有線インターネット接続 ホテル専用のLANケーブルでないと接続できません

インターネットは有線・無線どちらでも接続できます。ただし、有線で接続するには、専用のLANケーブルをフロントから借りてこないといけません。だったら最初からお部屋に置いておけばいいのに。

ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌) セミダブルルーム 椅子の後ろのコンセント

コンセントは少なめ。デスクに1つ、椅子の後ろに1つの、合計2つです。こうなると、ノートPCを充電して、スマホを充電したらこれで終了。できればテーブルタップを持って行った方がいいかもしれません。

ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌) セミダブルルーム 冷蔵庫 中身は空です

冷蔵庫は空で、電源スイッチを入れて使います。

ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌) セミダブルルーム デスク下 電気ポットと湯のみ、コップがあります

デスク下には、コップと湯のみ、電気ポット、氷を入れるための入れ物があります。

ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌) セミダブルルーム 引き出し

これが、デスクの引き出しです。欠点がありまして、大きさが小さすぎるんです。なので、デスクの上のバインダーとか案内チラシとかをしまうことができません。今更引き出しを大きくするわけにはいかないので、バインダーを小さいものにしたほうがいいのでは?

ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌) セミダブルルーム ベッド脇のテーブル 中に金庫があります

ベッド脇の机の下には、なんとセーフティボックスがあります。これだけさりげなく金庫が置いてあると、全然気づかない人もいるのでは。

ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌) セミダブルルーム バスルームとトイレ

トイレとバスルームです。大浴場へは、ここからタオルを持っていきます。

ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌) セミダブルルーム 天然温泉大浴場 PARK SIDE Spa

宿泊客は、3階の天然温泉大浴場 PARK SIDE Spaを無料で利用できます。宿泊客でない人でも、大人1,940円、子供1,080円で利用できます。営業時間は、朝6:00~9:00(宿泊客専用)と、11:00~25:00です。

宿泊客は、部屋からタオルを持っていきます。受付で部屋のカードキーを見せると、ロッカーの鍵がもらえる仕組みです。お風呂から上がったら、ロッカーの鍵を返します。

大浴場は、サウナ、水風呂、天然温泉、ジェットバスがあります。また、女湯のみ露天風呂があります。キューティー吉本的には、男女でお風呂の施設が異なるというのはどうにも納得できず、それだったら男女入れ替え制にして欲しいです。

お湯は無色透明で、ごくわずかですがトロッと感があります。キューティー吉本の体感温度的には、約41℃ぐらいでした。サウナが約90℃。さすが冬の北海道だけあって、水風呂は冷たかったです。

PARK SIDE Spaを利用している人は、4階のラウンジを利用できます。ここにはリラックスチェアーとキッズルーム、軽食コーナーがあります。しかしこの軽食コーナー、ラストオーダー21:00っていくらなんでも早すぎ。せめて22:00か23:00ぐらいにして欲しいです。

ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌) 割烹仲じまの和朝食

朝ご飯は和定食、洋ハーフバイキング、和洋バイキングの3種類の中から選べます。初日は、和定食。たらこ、鰊親子漬け、季節の和え物、雲丹椎茸、鰤大根、いくら乗せ大根おろし、梅なめたけ、季節のサラダ、本日の焼き魚、だし巻き卵、白ご飯または十六穀米、季節の漬物、本日の味噌汁です。なお、ご飯、味噌汁、海苔、納豆はセルフサービスで食べ放題です。

ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌) 和洋食バイキングの朝食

2日目は、和洋バイキングにしました・・・が、大いに文句を言いたいのがこの和洋バイキング。行ってみると行列ができていまして、「少々お待ちください」と。やはり和洋食どっちでも食べられるので人気があるのかと思ったら、理由はそれだけはありませんでした。この会場、貸し会議室を兼ねていまして、テーブルが会議で使う仕様のテーブルなんです。このため、横に並べて1人掛けに使っている部分を除いて、すべて6人掛けなんです。6人グループなんてそんなにいるものではなく、2人掛け、4人掛けの席を作らないと、そりゃあ混むわなって感じでした。

また、配置もイマイチ。コーンスープが和食のところに置いてあったり、肉じゃがが洋食のところに置いてあったりと、意味不明。和食はともかく、洋食のおかずの品数は豊富とは言えず、ちょっと残念。ただし、パンの種類が多かったのと、コーンフレークが置いてあったのは評価できます。

イマイチ細かいところの詰めが足りないような気がしていまして、要改善点は色々あると思うのですが、お部屋がゆったりしているのと、天然温泉の大浴場があるのがポイント高いと思います。札幌駅や繁華街から距離がある点を我慢すれば、ここはいいホテルだと思います。ただし、札幌市内の観光には、ドニチカ必須だと思います。

1 件のコメント

  • Cutie Yoshimoto より:

    誠に残念ながら、日帰り入浴は終了したそうです。なので、宿泊者でないと天然温泉大浴場を利用できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

当サイトおすすめ
アソビュー
一休.com
Yahoo! トラベル