旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:綱島源泉 湯けむりの庄

2017/01/09

綱島源泉 湯けむりの庄 看板

宮前平源泉 湯けむりの庄と同じシリーズのお店ができたらしいという情報をキャッチしていたのですが、なかなか行く機会がなく、この度ようやく行ってみました。綱島源泉 湯けむりの庄です。

その名の通り、最寄り駅は東急東横線の綱島駅です。綱島駅と言えば、今でこそ住宅街になっているものの、かつては綱島温泉があったところ。そりゃあここにいいお湯が出ないわけがないよな、ということで、かなり期待できます。

横浜市交通局 臨港バス 樽野谷バス停留所 綱島源泉 湯けむりの庄の最寄りバス停です

ただし、綱島駅から歩いて20分ぐらいかかるので、できればバスに乗ったほうがいいと思います。綱島駅の6番のりばから、鶴見駅行きか川崎駅行きに乗って、樽野谷バス停で降ります。キューティー吉本は鶴見行きに乗りましたが、運賃は150円でした。日中時間帯で、バスは1時間に8本ぐらい出ているので、不便を感じることはないと思います。

樽野谷バス停からは歩いて1分とかからないところにありまして、この写真をよーく見るとわかるのですが、背後に「綱島源泉 湯けむりの庄」の看板が見えます。

綱島源泉 湯けむりの庄 綱島駅からのシャトル時刻表

また、綱島駅から無料のシャトルバスもあるのですが、9名しか乗車できず、運が良ければ乗れる程度に考えておいたほうがいいと思います。

綱島源泉 湯けむりの庄 入口

営業時間は9:00~翌0:30で、料金はタオルと館内着のレンタル込みで、大人平日1,200円、休日1,400円。小学生が平日900円、休日1,100円です(料金はいずれも税抜)。小学生未満は入館できません。ここは大人がゆっくりする場所だとキューティー吉本は勝手に解釈していまして、そういう意味では子供が簡単に入れない料金システムになっているのは好感が持てます。逆に、タオル・館内着がついていると考えれば、大人料金は格安とも言えまして、そりゃあ人気が出るわなって感じです。

綱島源泉 湯けむりの庄 建物外観

お風呂は、内湯が乾式サウナ、スチームサウナ、水風呂、天然温泉、ジェットバス、寝湯。露天風呂が天然温泉と壺湯、炭酸泉、うたたね湯です。変わっているのは水風呂で、なんとここも温泉です。なので、天然温泉じゃないのはジェットバスだけです。

天然温泉はナトリウム-炭酸水素冷鉱泉で、コーヒー色のお湯です。入ってみると、トロっと感があります。宮前平源泉 湯けむりの庄スパ ガーディッシュも同じ感じのお湯なのですが、これはいいお湯だなと感じました。キューティー吉本の体感温度的には、おおむね40~41℃。炭酸泉、壺湯、うたたね湯はぬるめで38~39℃でした。

まず、内湯の天然温泉には、電気風呂があります(これだけでもキューティー吉本のテンションアップ)。強・中・弱の3つがあるのですが、強は電気が強すぎて入れず、弱は電気が弱すぎて効果なしでした。これだったら3つとも中にしてもいいんじゃないかと思います。事実、みんな入っているのは中でして、強と弱に入っている人はいませんでした。

近隣にマンションがある関係で、露天風呂は屋根付きです。ただし、開放感を出す工夫はされていまして、「外の空気が入っているんだし、露天風呂だよね」的な感覚はゼロ。これはうまいと感じました。

キューティー吉本的に一番気に入ったのが、壺湯。ここはぬるめの天然温泉になっていまして、しかも漢方薬湯になっていました。温度が高くなると冷源泉が投入される仕組みになっていまして、これはホントずっと入っていられる感じでした。

宮前平源泉 湯けむりの庄と同様にうたたね湯がありまして、ここは仰向けに寝ると半分がお湯に浸かる仕組みになっているのですが、宮前平源泉 湯けむりの庄では熱すぎて入れず、ここはどうかと思ったら、ぬるめのお湯になっていまして、実に快適そのもの。また、宮前平源泉 湯けむりの庄にはなかった、お風呂の途中で横になって休憩できるところがこっちにはあります。

青竹二種豆冨 綱島源泉 湯けむりの庄にて

で、お風呂から上がった後の呑みです。最初に頼んだのが、青竹二種豆富。530円(税抜)でした。普通の豆腐とごま豆腐の両方を味わえます。わさびかだし醤油でいただきます。ごま豆腐の胡麻の風味が濃い感じですが、まずまずおいしかったですよ。ただ、キューティー吉本的には味が混ざらないよう、だし醤油と取り皿を2つ出して欲しかったな。

海老とホタテのペンネグラタン 綱島源泉 湯けむりの庄にて

次に頼んだのが、海老とホタテのペンネグラタン。930円(税抜)でした。サラダとガーリックトーストがついてきます。

まず、グラタンが濃厚そのもの。その理由がホタテでして、これがいい味を出しています。また、ガーリックトーストと言ってもパンが変わっていて、ガーリックトーストにしていると思うのですが、パンはふわふわ。不思議な食感でおいしかったですよ。

せいろそば 綱島源泉 湯けむりの庄にて

最後の〆はせいろそば。630円(税抜)でした。見た目の立派さとは裏腹に、お味は落第点。これだったら、立ち食い蕎麦でももうちょっとおいしいお蕎麦が出てくるのにって思ってしまいました。正直お勧めできません。

綱島源泉 湯けむりの庄 館内 2階の吹き抜け

館内は、1階がフロント、お食事処、岩盤浴、お休み処。2階が浴場とフィットネスクラブです。岩盤浴は、別料金で800円(税抜)です。全体的には和モダンの感じで、落ち着いた雰囲気です。

お休み処は、1階岩盤浴の奥にあります。ここにはリラックスチェアーがありまして、お風呂上りにお昼寝ができます。位置的にフロントやお食事処とも近く、騒音が入ってこないかと心配でしたが、許容範囲でした。宮前平源泉 湯けむりの庄よりも座席数が多いのがうれしいです。

綱島源泉 湯けむりの庄 玄関

キューティー吉本の期待を裏切らず・・・ていうか、期待以上にすごい施設になっていまして、宮前平源泉 湯けむりの庄で弱点と思っていたところが全部改善されていまして、これは恐るべしと感じました。キューティー吉本的な満足度は非常に高く、ここの人気が高いのも納得できると思います。ただし、キューティー吉本が行ったのは平日でして、これが休日だとたくさんの人が押し寄せている姿が目に浮かぶ感じがします。

↓お得な前売りクーポンをasoview!で見る方は、ここをクリック
綱島源泉 湯けむりの庄

あわせて読みたい

日帰り入浴レビュー:宮前平源泉 湯けむりの庄... 休日に行くと激込みで、とてもゆっくりできる状態じゃないので、平日に行ってみました。なぜそんなに人気があるかという...
日帰り入浴レビュー:横浜天然温泉 SPA EAS... 2019年4月1日から、深夜割増料金が変更になったそうです。変更料金は、1,930円だそうです。しかし、これは結...
日帰り入浴レビュー:東京日帰り温泉 前野原温泉 さやの湯処... 板橋区にも温泉があるらしいと聞いて、行ってみました。前野原温泉 さやの湯処です。 場所は、都営三田線の志村...
日帰り入浴レビュー:楽天地天然温泉 法典の湯... 武蔵野線沿線の日帰り入浴施設の一つ、楽天地天然温泉 法典の湯です。その名の通り、最寄り駅はJR武蔵野線の船橋法典...
日帰り入浴レビュー:熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部... 今日も相変わらずと言いますか、フロントには行列ができていました。全国数ある日帰り入浴施設の中でも、これだけ行列が...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください