旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

機内食レビュー:エコノミークラスのお食事 タイ国際航空 バンコク-成田

2018/09/09

ちょっと訳あって、バンコクに行ってきました。成田への帰りは、深夜フライトでした。

エコノミークラスのお食事 タイ国際航空 バンコク-成田 バンコク出発後に、こんな袋が配られました

飛行機が水平飛行になったら、飲み物が配られるのかと思いきや、配られたのはこんな感じの袋でした。

エコノミークラスのお食事 タイ国際航空 バンコク-成田 袋の中身は夜食で、サンドイッチとミネラルウォーターでした

中身は、夜食でした。ツナサンドとミネラルウォーター、お手拭きが入っていました。乗客は基本的にこの後寝るので、寝ている合間でも食べられるよう、こうなっているのかもしれません。

夜食が配られてしばらくすると、機内の明かりが消えます。

エコノミークラスのお食事 タイ国際航空 バンコク-成田 クロワッサンとフルーツ、ヨーグルトです

成田到着1時間30分ぐらいになると、機内の明かりがつき、朝ご飯が配られます。クロワッサンとカットフルーツ、ヨーグルトが付いています。

エコノミークラスのお食事 タイ国際航空 バンコク-成田 メインディッシュはオムレツでした ソーセージがついてました

メインディッシュはオムレツを選びました。ソーセージと野菜のケチャップ炒め、フライポテトが付け合わせでした。

朝ご飯を食べ終えて、片づけたかと思ったら成田空港に着陸。アルコール類は出てきませんでした。確かに、バンコク市内に夕方まで滞在できるというメリットはあるのですが、機内食は昼間の方が充実していますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください