旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

大本山 成田山新勝寺

2019/12/18

成田山新勝寺 総門

成田へ観光に行ったら、ここは絶対に外せないでしょう。成田山新勝寺です。真言宗智山派の仏教寺院で、同派の大本山の一つでもあります。JR線か京成線の成田駅から歩いて10分ぐらいのところにあります。

入り口にあるのが、総門です。平成18年(2006年)に竣工しました。

成田山新勝寺 仁王門

総門の先に急階段があります。その先にあるのが、仁王門です。重要文化財でして、天保元年(1830年)に建立されました。

成田山新勝寺 仁王門を抜けた先の急石段

仁王門の先には、更に急階段があります。

成田山新勝寺 大本堂

急階段の先に、大本堂があります。昭和43年(1968年)に建立されました。

成田山新勝寺 東翼殿

大本堂の右側に、東翼殿があります。

成田山新勝寺 西翼殿

大本堂の右側に、西翼殿があります。東翼殿と西翼殿が、御護摩札お渡し所になっています。

成田山新勝寺 三重塔

本殿の東側に、三重塔があります。正徳2年(1712年)に建立され、宝暦7年(1757年)、享和元年(1801年)、安政5年(1858年)に大修理が行われました。重要文化財でして、昭和58年(1983年)に現在の姿に復元されました。高さは約25mあるそうです。

成田山新勝寺 鐘楼と一切経堂

左側が一切経堂で、享保7年(1722年)に建立されました。中央に転輪経蔵がありまして、一切経が約2,000冊収められているそうです。

右側が鐘楼で、元禄14年(1701年)に建立されました。楼上の梵鐘は大本堂建立を記念してつくられたもので、重さ1.068kgあるそうです。

成田山新勝寺 聖徳太子堂

一切経堂の奥にあるのが、聖徳太子堂です。日本の仏教興隆の祖である聖徳太子を奉安していまして、平成4年(1993年)に建立されました。

成田山新勝寺 釈迦堂 かつてはここが本堂でした

大本堂を左に進むと、釈迦堂があります。重要文化財でして、元々はこれが本堂でした。安政5年(1858年)に建立されましたが、大本堂の建立に合わせて、昭和39年(1964年)に現在の地に移転しました。

成田山新勝寺 境内 左から順に釈迦堂、光明堂、平和大塔、大本堂です

境内を上から見ると、こんな感じ。左から順に、釈迦堂、光明堂、平和大塔、大本堂です。

成田山新勝寺 巧妙堂 平和大塔への石段

大本堂から更に左奥へ進むと、石段があります。その先に、光明堂と平和大塔があります。

成田山新勝寺 額堂

光明堂の隣に、額堂があります。重要文化財で、文久元年(1861年)に建立されました。これが2番目の額堂だそうで、額堂は、奉納額や絵馬を掲げる建築物です。

成田山新勝寺 開山堂

額堂の向かい側に、開山堂があります。當山の開山上人寛朝大僧正を安置する堂で、昭和13年(1943年)に奉修されました。

成田山新勝寺 光明堂

光明堂です。重要文化財でして、元禄14年(1701年)に建立されました。釈迦堂が本堂になる前は、この光明堂が本堂でした。

成田山新勝寺 奥之院

光明堂の裏に、奥之院があります。奥行き約11mありまして、成田山新勝寺の本尊である、不動明王の本地仏である大日如来像が安置されています。通常は閉鎖されていますが、成田祇園際の日に限り開扉されます。

成田山新勝寺 清滝権現堂・妙見宮 正面から撮影

清滝権現堂・妙見宮です。京保17年(1732年)に建立され、天明8年(1788年)と安政5年(1858年)に修理されました。

成田山新勝寺 清滝権現堂・妙見宮 後ろから撮影

ちなみに、後ろから撮るとこんな感じです。

成田山新勝寺 平和大塔

平和大塔です。高さ58.1mあるそうで、昭和59年(1984年)に建立されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください