旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

眉山ロープウェイ

2019/12/24

眉山 徳島そごう付近の歩道橋から撮影

これは徳島市のシンボルとも言っていいでしょう。眉山(びざん)です。徳島市内のほぼどこからでも見ることができます。この写真は、徳島駅付近から撮影した、朝の眉山です。

眉山ロープウェイ ゴンドラがすれ違うところ 麓から撮影

山頂には展望台があります。眉山へは車で上がることもできるのですが、眉山ロープウェイに乗って上がることもできます。

阿波踊り会館 眉山ロープウェイ 山麓駅 建物

阿波踊り会館です。1階がフロントと売店、2階が阿波踊りホール、3階が阿波踊りミュージアム、5階が眉山ロープウェイの山麓駅です。なので、眉山ロープウェイに乗る人は、まず阿波踊り会館に行くことになります。

阿波踊り会館は、徳島駅から歩いて約10分、徳島駅正面の通りをずーっとまっすぐ歩いた突き当りにあります。

大人料金は、昼の踊りが800円、ミュージアムが300円。ロープウェイが片道620円、往復1,030円。2種セット、3種セットだとお得になります。また、JAF会員は割引になります。

阿波踊り会館 3階 阿波踊り資料館

1階のフロント横の自動券売機でチケットを買って、エレベーターになります。こちらが、3階の阿波踊りミュージアムです。

阿波踊り会館 5階 眉山ロープウェイ 山麓駅 駅全景

眉山ロープウェイの山麓駅は、5階にあります。15分間隔で運転しています。こちらが、5階全景です。待合室と改札口があります。

阿波踊り会館 5階 眉山ロープウェイ 山麓駅 乗車口

でもって、こちらが入り口です。発車時間3分前になると、扉が開いて改札が始まります。

眉山ロープウェイ 非常ボタンと非常用無線機

このロープウェイ、なんと係員が乗っていません。緊急時には非常ボタンを押して、無線機で連絡を取ります。

眉山ロープウェイ 反対側から来たゴンドラ ゴンドラは2両編成です

反対側から来たゴンドラとすれ違うところです。ゴンドラは2両編成という、ちょっと珍しい作りです。

眉山ロープウェイ ゴンドラから見た徳島市内

ゴンドラから見える、徳島市内です。

眉山ロープウェイ 山頂駅 ゴンドラ内から撮影

正面に見えるのが、山頂駅です。駅の屋上が、展望台になっています。

眉山ロープウェイ 山頂駅 改札口

山頂駅の改札口です。

眉山ロープウェイ 山頂駅 駅内部

山頂駅の駅構内は、こんな感じです。

眉山ロープウェイ 山頂駅 駅舎

山頂駅に着いたら、階段で上に上がります。上がった先に山頂駅の駅舎があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください