旅行記:徳島の繁華街 新町とその周辺を歩いてみた

徳島市 新町橋 徳島そごう付近の歩道橋から撮影

徳島市の繁華街は、徳島駅の正面の通り、つまり新町橋通りを10分ほど歩いたところにあります。写真は、新町橋です。徳島市の繁華街は、この先にあります。

徳島市 新町側 新町橋から撮影

徳島市の市内中心部を、新町川が流れます。こちらが、新町橋からみた新町側です。

徳島市 新町周辺と眉山 新町橋から撮影

新町橋を渡った先が、こんな感じ。ちょっと見にくいかも知れませんが、その先には阿波踊り会館があります。

徳島市 新町周辺案内図

新町周辺の地図がこちら。この地図でビブレビルとなっている場所が、ホテルサンルート徳島です。

徳島市 東新町商店街 アーケード 入り口

徳島市の繁華街の中心部にある商店街は、アーケードがあります。

徳島市東新町商店街 アーケードの中

こちらが、東新町商店街の中です。撮影しているのは朝なので、どの店もシャッターが下りています。

徳島市 東新町商店街 アーケードの中間地点の三差路

この先に三差路があります。

徳島市 新町商店街 両国橋方向へ行くアーケード

三差路を左に進むと、両国橋の方に出ます。

徳島市 新町商店街 歓楽街方向へ行くアーケード

三差路を右に進むと、繁華街の奥へと進みます。撮影したのは朝なのですが、すでにスーパーマーケットが開いています。

この商店街なのですが、キューティー吉本的に気になったこととして。確かに、お店は色々あるのですが、飲食店がないんですね。正しく言うと、いわゆる飲み屋さん系の飲食店はいっぱいあるのですが、マクドナルドのようなファーストフード店がないし、喫茶店もありません。また、スーパーマーケットこそあるものの、コンビニがありません。

徳島市 新町商店街周辺の歓楽街 朝に撮影

アーケード街から横道にそれると、飲食店が立ち並びます。朝はご覧の通り、殺風景なのですが・・・

徳島市 新町商店街周辺の歓楽街 夜に撮影

夜に撮影すると、ご覧の通り。飲み屋さん系の飲食店がずらりと立ち並んでいるのがお分かりいただけると思います。

徳島市 新町商店街周辺の歓楽街 朝に撮影

もう一本隣の通りがこちら。朝はシャッター街なのですが・・・

徳島市 新町商店街周辺の歓楽街 夜に撮影

夜になると雰囲気ががらりと変わります。

徳島市 両国橋通り 両国橋バス停

こちらは両国橋通りと言って、新町橋通りの一つ隣にある、太い通りです。徳島市の繁華街は、おおむね新町橋通りと両国橋通りの間にあります。

徳島市 両国橋通り 交差点

両国橋通りにある交差点です。ここがまさしく、徳島市の繁華街の中心です。

徳島市 新町川 両国橋から撮影 右側に周遊船乗り場があります

両国橋から見た、新町側です。写真右側に、周遊船乗り場があります。

徳島市 両国橋 橋の欄干が阿波踊りの銅像になっています

こちらが、両国橋です。欄干に、阿波踊りの銅像があります。

全体的に徳島市内はコンパクトなので、徳島市内を観光するのであれば、徒歩で十分行けます。この記事で紹介した場所は、すべて徳島駅から徒歩20分以下で行けます。夜に飲みに行くのであれば、新町周辺がお店が充実していて便利です。朝ご飯とかお昼ご飯とかを食べるのであれば、徳島駅周辺の方が便利です。

ぴえんのイラスト 女性

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。よろしかったら、写真素材ダウンロードサイト【写真AC】にもお越しくださいませ。当サイトの写真の一部を配布していまして、商用利用も可能です

写真素材無料【写真AC】

徳島
フォローする
当サイトおすすめ
クラブツーリズム

海外旅行・国内旅行を取り扱う旅行会社。特徴は、何といってもツアーの種類の多さ。日帰りバスツアーやおひとり様限定ツアー、鉄道会社とのタイアップで貸し切り列車に乗れるツアー。また、添乗員付きのツアーの他、フリープランと言って自由気ままな旅行プランもあるので、まずはどんなツアーがあるか検索してみては

JTB

ここはもはや説明する必要がないでしょう。日本における一番最初の、そして一番大きい旅行代理店です。老舗だけあって、プランの数・在庫は最大級。お得なシティホテル、大人気のディズニーホテルまで24時間オンライン予約可能。また、新幹線やJRとセットになった宿泊プランや、JALやANAの飛行機とセットになった宿泊プランもある

エクスペディア

J世界30か国以上で展開している、世界最大の旅行予約サイト。航空券+ホテル同時予約で、最大でホテル代が全額OFFになる。海外航空券+ホテルのパッケージツアーのイメージが強いが、海外ホテルや国内ホテル、航空券、レンタカー、現地ツアーを扱っている。豊富なメニューをワンストップで予約できるのが強みである

アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行

コメント

タイトルとURLをコピーしました