野沢温泉 中央ターミナル

野沢温泉 中央ターミナル 飯山駅からの野沢温泉ライナーが停まっています

野沢温泉バスターミナルです。正確に言うと、野沢温泉中央ターミナルです。キューティー吉本は以前ここへ行ったことがあるのですが、随分と違和感が。(前回行ったときの記事は、こちら

野沢温泉 中央ターミナル 全景

こちらが野沢温泉中央ターミナルの全景なのですが、以前はここ全体がバスターミナルだったんですね。それが、いつの間にやら仕切りができていて、バスターミナル部分が狭くなっているんです。

野沢温泉 中央ターミナル バス停留所の案内標識

しかも、この仕切りが仮設感ハンパないんです。ここからは飯山駅に行くバスのほか、大阪方面に行く高速バスも発着するのですが、バス停の標識的なものも簡単に移動できそうな造りで、しかもその仕切りもカラーコーンと簡単なバリケードのみ。

野沢温泉 中央ターミナル 待合室 野沢温泉ライナーのチケットはここで買います

さらに、飯山駅へ行く野沢温泉ライナーの切符はここで買うのですが、ご覧の通りのプレハブ小屋。

野沢温泉 中央ターミナル 有料駐車場入り口と公衆トイレ

一体なぜこんなことになっているのかわからないのですが、キューティー吉本の想像では・・・

野沢温泉のオンシーズンはスキーシーズン、つまり冬なんですね。このため、野沢温泉へのバスは冬ダイヤと夏ダイヤがあるんです。ちなみに、冬ダイヤだと長野駅に直通する急行バスがあるみたいです。(・・・ていうか、前回野沢温泉に行ったときは、長野駅からの急行バスに乗ったのですが)

キューティ吉本が行ったのはGW中で、この時期は夏ダイヤなんですね。従って、バスの便数が少なく、バスターミナルの一部を閉鎖して、有料駐車場にしていたのではないかと思われます。

野沢温泉 朝日屋旅館前 左側にのざわ温泉交通の建物があります

で、中央ターミナルの先が、こんな感じになっています。

野沢温泉 朝日屋旅館 建物

先程の写真右側に、朝日屋旅館があります。で、ここがバスの折り返し場になっています。

野沢温泉 朝日屋旅館 ここが路線バスの折り返し所になっています

野沢温泉-飯山駅を結ぶバスは2種類あります。一つは長電バスで、ここから乗ります。木島平をとおって飯山駅に行くバスで、運賃は大人700円です。

のざわ温泉交通 野沢温泉ライナー 朝日屋旅館前にて

もう一つはのざわ温泉交通の野沢温泉ライナーです。朝日屋旅館の前で折り返します。高速バスのように見えますが、高速道路は通りません。

のざわ温泉交通 野沢温泉ライナー 車内

野沢温泉ライナーは、前述の中央ターミナルから乗ります。運賃は、大人600円です。飯山駅-野沢温泉はおよそ25分です。

野沢温泉ライナーからの車窓 千曲川沿いの菜の花畑

番外編:野沢温泉ライナーは、飯山駅から千曲川沿いを通って、戸狩野沢温泉駅の手前あたりで右折して、野沢温泉に行きます。千曲川沿いは、菜の花畑がキレイだったりします。

なお、野沢温泉ライナーが発着するのは、飯山駅です。戸狩野沢温泉駅は通らないので、ご注意ください。

ぴえんのイラスト 女性

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。よろしかったら、写真素材ダウンロードサイト【写真AC】にもお越しくださいませ。当サイトの写真の一部を配布していまして、商用利用も可能です

写真素材無料【写真AC】

野沢温泉
フォローする
ジャルパック サッポロ割&スマイルクーポン 配布中
ジャルパックでは、サッポロ割&スマイルクーポンを配布中。お一人様1泊あたり3,000円割引&2,000円分のクーポンプレゼント!
当サイトおすすめ
じゃらんnet

リクルートが運営する、旅行情報サイト。宿泊予約可能なお宿やホテルは全国26,000軒以上と国内最大級。宿泊だけでなくデイユースも予約可能で、お宿によっては当日29:00(ということは午前5:00)まで予約できる。Pontaポイントやdポイントが貯まり、予約の際にポイントを利用することもできる

楽天トラベル

「ホテルの窓口」時代を含めると、旅行予約サイトの老舗と言ってもいいですね。お宿だけではなく、JALやANAの航空券や、レンタカーとのセット予約もできます。楽天ポイントが貯まる・使える、JAL楽パック・ANA楽パックといった航空機とのセットプランでもマイルが50%貯まるのも魅力

クラブツーリズム

海外旅行・国内旅行を取り扱う旅行会社。特徴は、何といってもツアーの種類の多さ。日帰りバスツアーやおひとり様限定ツアー、鉄道会社とのタイアップで貸し切り列車に乗れるツアー。また、添乗員付きのツアーの他、フリープランと言って自由気ままな旅行プランもあるので、まずはどんなツアーがあるか検索してみては

アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行

コメント

タイトルとURLをコピーしました