作成者別アーカイブ: Cutie Yoshimoto

鹿児島・熊本3泊4日の旅のまとめ


1日目。鹿児島空港からバスで15分。日当山温泉 優湯庵(「ひなたやまおんせん」と読みます。)に行きました。なんと、お客さんはキューティ吉本一人。贅沢にも貸切状態でした。

再び鹿児島空港に戻り、バスを乗り換えて天文館通へ(ちなみに、ここが鹿児島市の繁華街なので、大抵の人は天文館通で降りていく)。天文館通をしばらくうろうろした後、鹿児島市電鹿児島中央駅に行きました。

キューティー吉本のお宿は、シルクイン鹿児島さんでした。鹿児島中央駅の近くにあります。ここの温泉が良かったですよ。

2日目。九州新幹線に乗ってみたいという、ただそれだけの理由で熊本県に行くことにしました。熊本駅では、くまモンがお出迎え。ちなみに、朝ご飯は鹿児島中央駅で買った黒毛和牛ステーキ重なる駅弁でした。

熊本駅からレトロな熊本市電に乗って、熊本城へ。旅したのが震災前でして、この熊本城も震災前の姿です。今では貴重な写真になってしまいましたね。

この後、熊本市内の繁華街を歩きます。熊本交通センターとセンタープラザが工事中で、閉鎖されていてびっくり。はて、今ではどんな姿になっているのでしょうか。

でもって、キューティー吉本はお昼ご飯を食べに、中通り商店街方面へ。ちなみに、えび天うどんでした。本当は馬刺しか熊本ラーメンが食べたかったんですけどねー。

更に熊本市電に乗って、水前寺成趣園へ。とにかく広くて、とっても立派な庭園でしたよ。中には、出水神社稲荷神社があります。

新水前寺駅からJR豊肥本線で熊本駅へ。更に九州新幹線で鹿児島県に帰ってきました。晩ご飯は、鹿児島の繁華街、天文館通で。虹家 鹿児島本店で海の幸を。いかなごが食べられて満足満足。

3日目。JR最南端を走る、指宿枕崎線に乗って指宿駅へ。日本の端っこを走るだけあって、ガチにローカル線です。しかも、指宿駅から先は便数が極端に減るという・・・

キューティー吉本が絶対行きたかったのが、砂蒸し。指宿温泉には、天然の砂蒸しがあるんですね。砂むし会館「砂楽」で、ちゃんと入ってきましたよ。しかし、夏の炎天下ゆえ、砂蒸しに入らなくても汗だくだっていう説も。

ここで鹿児島中央駅に戻るか、終点の枕崎駅まで行くか迷ったのですが、ここで引き返したら公開するぞと、枕崎行きを決断。JR最南端の駅、西大山駅です。列車はここで止まって、記念撮影ができる時間を確保してくれるんですね。

で、念願かなってJR最南端にある終着駅、枕崎駅に到着。駅舎こそ立派なのですが、ここって無人駅なんですよねー。

気分を変えて、帰りはバスで帰ることに。まだ時間があるので、まちの湯 ひとっ風呂に行きます。温泉かな・・・と思ったら、普通に銭湯でした。でも満足満足。

4日目。今日は鹿児島 市電・市バス シティビュー 一日乗車券を持って、鹿児島市内をお得に観光しようというわけです。この一日乗車券、なんと鹿児島 観光レトロ列車にも乗れるんです。この列車、ガイドさんが乗っていまして、約70分で鹿児島市内を一周するんです。はっきり言って、これはお勧め。

お昼ご飯に黒豚ヒレカツ定食を食べた後、桜島フェリーに乗って、桜島へ。乗船時間は約20分、日中は約15分に1本運行と、およそ列車並みのダイヤですね。

桜島に着いて、どこへ行こうかと迷ったのですが、まずは桜島 溶岩なぎさ公園へ。天然の遊歩道がありまして、桜島が火山なんだなーと実感できます。

桜島 溶岩なぎさ公園に足湯があるのですが、やっぱり温泉だったらどっぷり入りたいので、桜島マグマ温泉へ。なんと、鹿児島 市電・市バス シティビュー 一日乗車券は250円という、破格の安さ。しかも、施設は立派できれい。もちろんタオルは別なのですが、これはお得。

この後、カゴシマシティビューなるレトロなバスに乗って、城山公園 展望台に行きます。桜島が見える展望台には、人だかりができていました。

で、これが、城山公園 展望台からみた桜島です。これが見たくて城山公園 展望台に来たのですが、この後カゴシマシティビューが大渋滞にはまり、飛行機に遅れそうにになったのでした。また、かごしま水族館に行く時間がなかったのが残念でした。次回はぜひ行ってみたいと思います。




つくば湯~ワールド


つくば湯~ワールド 建物外観

つくば湯~ワールドです。結構評判が良かったので、行ってみることにしました。

営業時間10:00~翌9:00で、入館料は大人1,500円です。JAFの会員だと、1,200円になります。タオル・館内着レンタルがついています。(入館料はすべて税別)

つくばエクスプレス つくば駅 つくばバスセンター 4番乗り場 つくば湯~ワールドへはここから学園南循環バスに乗ります

JR常磐線の荒川沖駅から無料送迎バスが出ているのですが、便数が極端に少ないため、お勧めできません。つくばエクスプレスのつくば駅から、学園南循環バスに乗ります。学園南循環バスは、つくばバスセンターの4番乗り場から発着します。

関東鉄道バス 気象台バス停留所 つくば湯~ワールドはここからすぐです

最寄り停留所は気象台で、バス停を降りてすぐのところにあります。学園南循環バスは右回りと左回りがあるのですが、どちらに乗っても所要時間はほぼ同じ。約20分で着きます。運賃は300円で、PASMO、SuicaなどのICカードが使えます。



玄関を入ると、甘い香りがぷーんとします。お隣がシネコンで、お菓子の匂いがするんです。違和感こそ感じるものの、不快な臭いではないのでよしとします。

下駄箱に靴を入れ、フロントで下駄箱の鍵を預け、入館料を払います。館内着とタオル、ロッカーキーを受け取り、脱衣場→大浴場へ行きます。館内はロッカーキーで精算する仕組みになっていて、帰るときに館内着とタオルをフロントに返し、ロッカーキーを返却、代金を精算すると下駄箱の鍵がもらえる仕組みです。困るのは、クレジットカードや電子マネーが一切使えない点。ここは要改善と感じました。

大浴場が、ローマ風呂と日本風呂の2種類がありまして、半月ごとに男女入れ替わる仕組みになっています。キューティー吉本が行ったときは、男性がローマ風呂で、女性が日本風呂でした。内湯が乾式サウナ、スチームサウナ、水風呂、天然温泉、イベント風呂、白湯、寝湯、ジェットバス。露天風呂が天然温泉の湯舟が1つでした。

温泉はほぼ無色透明の、ナトリウム・カルシウム-塩化物強塩温泉です。イベント風呂は入浴剤の入ったお風呂でして、この日はコラーゲン風呂でした。キューティー吉本の体感温度的には、天然温泉、露天風呂、イベント風呂が40~41℃、白湯、寝湯、ジェットバスが41~42℃でした。

まずは、内湯の天然温泉に入った後、乾式サウナに入ります。しかし、このサウナがとにかく暑い。室温が約100℃でした。最近の傾向として、サウナの室温って80~90℃になっている温浴施設が多く、ここはかなり暑めです。

天然温泉の内湯、露天風呂ともにややぬるめで、ゆっくり入れるのがうれしいですね。ゴロンと横になる場所こそないものの、お風呂の合間に休憩できるよう、椅子が置いてあったのでよしとしましょう。

白湯・寝湯・ジェットバスは1つにつながっています。寝湯が熱すぎて、ゆっくり入れないのが難点。これじゃ寝湯になってないですよね。また、ジェットバスは壊れて片側しかジェットが噴射しないところがあります。

小エビとマカロニのグラタン つくば湯~ワールドにて

で、お風呂上がりの呑みです。まず頼んだのが、小エビとマカロニのグラタン。761円(税込)でした。いまどきグラタンを置いているところが珍しく、思わず頼んでしまいました。強いて言えば、マカロニがやや柔らかめ。でも、ちゃんとオーブンで焼いているらしく、うまかったですよ。

フライドポテト つくば湯~ワールドにて

続いて、フライドポテト。380円(税込)でした。健康ランド的な施設へ行くと、グラタンと並んで、毎度頼んでいる代物です。このフライドポテトは、至ってフツーでした。

つくば湯~ワールド 玄関

館内は、1階がフロント、大浴場、宴会場、休憩所、お食事処。2階はプール(大浴場とつながっている)、リラックスコーナーです。リラックスコーナーは、でっかいテレビがずらりと並んでいまして、地上波が全チャンネル同時に見れます。音声は、リラックスチェアーで選局する仕組みです。シートごとに小さいモニターを付ける施設が多い中、ここは全チャンネル同時に見れるのがうれしいですね。

とにかく、ガチに健康ランドでした。恐らく、築30年は経過していると思われ、経年劣化か壁紙が剥がれたり、黄ばんだりしている箇所が見受けられました。しかし、キューティー吉本的には許容範囲。むしろ、築年数のわりにきれいだと感じました。ここだったら1日十分楽しめると思います。


つくば駅


つくばエクスプレス つくば駅 駅名票

つくばエクスプレスの終着駅、つくば駅です。つくばエクスプレスが開業する前、ここへ行くにはバスしかなかったのですが、かなり便利になりました。

つくばエクスプレス つくば駅 ホーム 守屋・北千住・秋葉原方面に行く列車が発着します。

ホームは1つ。両側に列車が止まれます。つくばエクスプレスは、全駅ホームドアがついています。

つくばエクスプレス つくば駅 改札口

改札口と切符売り場です。PASMOやSuicaをはじめ、ICカードが利用できる自動改札機が並びます。

つくばエクスプレス つくば駅 改札外コンコース

つくば駅は、地下にあります。このため、改札口を出ると地下コンコースになっています。

つくばエクスプレス つくば駅 A5出口を出たところ q'tがあります

つくば駅に隣接して、元々は西武百貨店がありました。しかし、閉店しまして。跡地はq’t(「キューティー」ではなく、「キュート」と読む)というショッピングモールになっていました。

つくばエクスプレス つくば駅 A3出口を出たところ バスターミナルとタクシー乗り場があります

また、つくば駅に隣接して、つくばバスセンターがあります。その名の通り、バスターミナルとタクシー乗り場があります。




山梨・甲府1泊2日の旅のまとめ


1日目。まずは、新宿から特急スーパーあずさ甲府駅まで。それにしても、朝ご飯はて! こぴっとした牛めしなる駅弁だったんですけど、これ山梨県の駅弁のはずなのに、新宿駅で売っていたって、一体なぜ?

ホテルへのチェックインまでは時間があるので、しばらく甲府市内を歩きます。で、武田神社へ。キューティ吉本は歩いて行ったのですが、これが大失敗。甲府駅北口からのだらだら上り坂を、炎天下の中歩いた結果、武田神社へ着くころには汗だくに…

キューティー吉本のお宿は、湯村温泉にあります。さすがにもう歩きたくないので、バスで。チェックインまでの間、鷲の湯 跡湯谷神社を見に行きます。

キューティー吉本のお宿は、甲府湯村温泉 湯村ホテル B&Bさんでした。ちなみに、宿泊だけじゃなくて、日帰り入浴もできますよ。

2日目。まずは大月駅へ行きます。ここから富士急行で河口湖駅へ。富士登山電車が一番先の到着だそうで、乗ってみることにします。

で、河口湖駅に到着。ここから河口湖へ行こうかと思ったのですが、ふじやま温泉があることを知って、これは絶対行ってみたい・・・と。河口湖駅からバスで行けるのですが、便数があまりなく、1時間以上バスを待つ羽目に。

河口湖駅から随分とかわいらしいバスに乗って、ふじやま温泉へ。かなり混んでましたけど、すごくよかったですよ。こんどはもう少し計画を立てて行きたいですね。


山梨・甲府1泊2日の旅のまとめ(予告編)


山梨県の旅と言えば、過去に苦い経験がありまして。甲府まで行ったものの、台風接近で命からがら帰ってきたことがありまして。そのリベンジも含めて行ってきました。

ちなみに、その日お泊りしたのが、甲府湯村温泉でした。どうやって行けばいいのかわからなくて、甲府駅から歩いて行ったのですが、これが大失敗。行けども行けどもたどり着けず。甲府駅からバスで行くことを激しくおすすめします。

で、今回は甲府駅のすぐ近くにお泊りしたのでした。温泉好きのキューティー吉本は、甲府駅から電車に乗って、トータス温泉に行ったのでした。いや、このお湯素晴らしかったです。

ちなみに、↓ここにお泊りしました。

2日目。石和温泉に行きます。

温泉街こそあるものの、日帰り温泉があんまりなく、ちょっと期待外れ。あ、でも温泉には入ってきましたよ。石和温泉駅に足湯もありますから。


広島・松山2泊3日の旅のまとめ


1日目。広島空港からリムジンバスに乗って、紙屋町にある広島バスセンターで降ります。この日は、広島市内を観光すると決めていました。ターゲットは、元々広島市民球場があった周辺エリア。まずは、広島護国神社広島城に行きます。

この後、ここは行かなきゃダメでしょうってことで、動員学徒慰霊塔と広島市高等女学校慰霊碑平和記念公園原爆ドームへ。しかし、原爆ドームが調査中とのことでカバーがかぶせられ、残念なことに。

広島にいたわけですから、とにかくお好み焼きはいっぱい食べました。へんくつやお好み村村長のお店・・・とにかく、1日に1食はお好み焼きを食べていました。ハズレのお店がなくて、どこへ行ってもおいしいんですよね。

ちなみに、キューティー吉本がお泊りしたのは、ホテルドーミーイン広島でした。

2日目。ここからはいよいよ広島電鉄に乗ります。1日乗車券を持って向かった先は、広島港駅でした。ここは、さながら広島電鉄の車両博物館の様相を呈しています。また、宇品旅客ターミナルに隣接していて、各島しょ部にに向かう船に乗れます。

キューティー吉本が乗ったのが、広島と松山を結ぶ高速船、スーパージェット松山観光港へ行きます。ちなみに、松山観光港から松山市内中心部へは、リムジンバスに乗る方法の他に、松山市駅から伊予鉄道に乗って、高浜駅から歩くという手もあります。

松山市駅の近くで、鯛めしを頂きます。ちなみに、松山市の繁華街はJR松山駅の近くではありません。伊予鉄松山市駅か、大街道電停の近くです。

この後、松山城へ。最初は松山城ロープウェイの運賃をケチって、愛媛県庁の裏側あたりから登ってみたのですが、恐ろしく遠く、しかも急勾配で、激しく後悔。帰りは素直に、松山城ロープウェイに乗ったのでした。

この後、伊予鉄に乗って道後温泉駅へ。そりゃあ松山に来たんだったら、道後温泉に行かないとダメでしょう・・・と言うわけで、道後温泉本館へ。もちろん、温泉に入ってきましたよ。ちなみに、松山市駅から道後温泉駅まで、坊っちゃん列車が走っています。

スーパージェットで広島に戻ります。広島の名物と言えば、お好み焼きと牡蠣。そのカキが食べたくて、MABUI袋井店なるオイスターバーに行ってみました。ここは地元でもかなりの人気店みたいです。

3日目。この日は宮島に行くと決めていました。広島駅からJR線に乗って、宮島口駅に行きます。宮島って、その名の通り島なので、船でないと行くことができません。で、青函連絡船と宇高連絡船がなくなったため、宮島口宮島桟橋を結ぶ宮島連絡船が、全国で唯一の連絡船になってしまいました。

宮島に行ったんだったら、ここは行かないとダメでしょうってことで、厳島神社です。ご覧の通り、鳥居は海にあるのですが、干潮の時は歩いて行けます。また、厳島神社って海の上にあると言ってもいい神社でして、どこか幻想的な感じがします。

この後、宮島名物のあなご飯を堪能。思ったよりもあっさりしている感じでしたよ。ちなみに、ホテルドーミーイン広島の朝食でも出てきました。

本当だったら宮島ロープウェーに乗りたかったのですが、帰りの飛行機の時間に間に合わなくなる恐れがあったため、断念。次に広島県に行った時には乗りたいですね。