旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:草津温泉 御座の湯

2015/03/31

草津温泉 御座乃湯 建物 まるで高級旅館みたいです

湯畑のすぐそばにできたのは前々から知っていたのですが、なかなか行く機会がなくて。今回ようやく行ってみました。草津温泉 御座乃湯です。

ご覧の通り、かなり立派な建物でして、およそ高級旅館のような雰囲気。さぞかしお高いのかと思ったら…

草津温泉 御座乃湯 入浴料金表

料金は、大人500円、子供300円・・・と、とってもリーズナブルです。どうやら、大滝乃湯みたくゆっくり入れるお風呂ではなく、普通に銭湯の高級バージョンみたいです。この他、フェイスタオルが200円。貸切休憩室が1時間2,000円です。

中に入ると、銭湯でおなじみの下駄箱があります。料金を支払って、脱衣場へ。しかし、ここに置いてあるのは脱衣かごのみ。貴重品ボックスはあるものの、コインロッカーは脱衣場の外にしかなく、やはりここは脱衣場に鍵のかかるロッカーを入れて欲しいです。

草津温泉 御座乃湯 玄関

浴室は、石造りのものと、檜造りのものがあります。どちらも内湯のみで、大きな湯船が2つあるだけです。なぜ2つあるのかというと、お湯が違うからでして。一つは万代源泉のお湯、もう一つは湯畑源泉のお湯です。どちらもほぼ無色透明で、湯畑源泉の湯はさらりとした感じのお湯、万代源泉の湯はややとろみのある感じのお湯でした。人気があるのは、万代源泉のお湯でした。どちらのお湯も、草津温泉にしては刺激が少ない感じで、これだったら肌が弱い人でも入れるんじゃないかと思います。また、草津温泉特有の熱いお湯ではなく、普通のお風呂と同じぐらいの温度でした。温度計がなかったのでわかりませんが、恐らく41~42℃ぐらいだと思います。

草津温泉 御座乃湯 階段の踊り場

シャンプーやボディソープは置いてあるものの、洗い場はかなり狭いです。恐らく、お湯を楽しむのがメインで、頭や身体を洗う想定にはなっていないんでしょう。また、本当に内湯があるだけで、サウナや水風呂はありません。

1階がフロントと浴室、2階が休憩室になっています。この休憩室がかなり広くて、湯畑を眺めながらゆっくり休憩できます。逆を言うと、お風呂と休憩室しかないわけで、食事をするところや、お昼寝をするところはありません。

草津温泉 御座乃湯 2階吹き抜け

確かに、湯畑のお湯に入れるのは大きなメリットだとは思います。ただし、白旗源泉のすぐ隣に建っているのに、なぜか白旗源泉のお湯じゃないんですね。外湯に入る勇気のない人にはお勧めできますが、キューティー吉本的には1回入ったら十分ですね。ただし、老朽化が進んだ旅館の内湯より、よっぽど立派できれいな温泉に入れるのは間違いないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください