旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

駅弁レビュー:特急草津車内 牛べん常陸牛弁当

2016/03/29

草津温泉では昼ご飯を食べている時間がなく・・・て言うか、大滝の湯へ行くだけで精一杯だったので、昼ご飯は(・・・と言ってももうすぐ夕方なのだが)特急草津の中で食べることにします。車内販売で買った駅弁が、牛べん常陸牛弁当でした。お値段は、1,050円でした。

牛べん常陸牛弁当 包み紙

特急草津なんだから群馬県か東京都のどっちか、百歩譲って埼玉県のお弁当かなぁ・・・と思ったら、茨城県のお弁当でした。一体なぜ群馬県を走る特急草津で水戸のお弁当を売っているのかと、レシートを見て納得しました。上野駅から乗務している車内販売だったんです。

特急ひたち・ときわも走ってるんだし、そりゃあ上野駅から乗務してるんだったら茨城県の駅弁が混ざっても不思議はないわなぁ。」

もっとも、だるま弁当も売っていたのですが、以前食べたことがあるので買わなかっただけなのですが。

牛べん常陸牛弁当 中身 おかずは山芋の湯葉巻きと煮卵でした

中身はご覧の通り、ご飯が見えないくらいに牛肉がどーんと乗っかっています。すき焼き風に煮込んでありまして、甘辛味ではあるのですが、牛丼ほどしつこくない感じに仕上がっています。おかずはシンプルで、煮卵と里芋の湯葉巻きです。

確かにおいしかったのですが、お肉がどうしても細切れみたいな感じになってしまっている点と、牛めしって牛肉系の駅弁としてはあまりにもオーソドックス過ぎる点がちょっと残念に思いました。これが、牛タンとかステーキとか焼肉とかだったら、もう少しインパクトを出せると思うんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください