旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

駅弁レビュー:千葉駅 幕の内弁当

2016/04/16

幕の内弁当 千葉駅 包装紙

今日は銚子へ行くことにしていたのですが、なんと朝起きられずに特急しおさいに乗り遅れる事態発生。仕方なく、普通列車で銚子を目指すことにしました。ま、特急料金が浮いたということで…

普通列車で銚子へ行く場合、千葉駅で乗り換えです。ついでに、千葉駅で駅弁を買いたいと思います。しかし、朝だというのに目ぼしい駅弁が軒並み売り切れ。キューティー吉本が買ったのが、幕の内弁当、1,050円でした。

幕の内弁当 千葉駅 中身

開けてみますと、まさにThat’s 駅弁という感じでした。箱のうち半分がご飯、半分がおかずになっていました。でもって、煮物、焼き物、揚げ物、香の物など、小さいおかずがいっぱい入っていました。代表的なおかずが、ニンジン・里芋・こんにゃく・レンコン・フキの煮物。ホタテのフライ。小エビの天ぷら。肉団子・鮭の焼き魚。卵焼き。かまぼこ。きんぴらごぼうなど。

千葉駅には他にも、焼き蛤弁当なんかもあるのですが、おかずが多そうなのがこれぐらいだったので、幕の内弁当になってしまいました。特にこれといった特徴があるわけではないのですが、まずまずおいしかったですよ。

1 件のコメント

  • Cutie Yoshimoto より:

    ちなみに、同じ駅弁を東京駅でも売っていることが判明。どうやら、千葉駅だけではなく、首都圏の各駅で販売しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください