旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

土佐の國 二十四万石 鰹のたたき

2016/09/18

土佐の國 二十四万石 店舗

羽田空港から出遅れたため、高知に着いたのは夕方を過ぎていました。なので、ホテルにチェックインしたらすぐに晩御飯にします。どこにしようかと思ったのですが、はりまや橋の近くで「土佐の國 二十四万石」なるお店を見つけたので、そこにします。

鰹本タタキ 土佐の國 二十四万石にて

高知県に来たら、これを食べないとダメでしょう。鰹のたたきです。塩とたれの2種類があるのですが、キューティー吉本はタレ(・・・ていうかポン酢)を注文します。お値段は1,350円でした。

この鰹のたたき、やばいぐらいにうまかったです。まず、鰹に全然臭みがない。しかも、藁を使って高温でしっかり周りを焼いているので、口に運ぶ前に香ばしい香りがぷんとするんですね。これを口の中に持っていくと、香ばしく焼きあがった皮のあたりの風味と、身の柔らかさ、ポン酢の酸味と薬味のつんとする感じがいっぺんに口の中で広がるんです。まさにこれは絶品です!

キスの天ぷら 土佐の國 二十四万石にて

続いて頼んだのが、キスの天ぷら。580円でした。注文してすぐに出てきたので、おいおいこれって揚げたまんま放置したやつを持ってきたのかと思いきや、ちゃんと揚げたてでした。こちらは全くくせがなく、淡白な感じでおいしかったですよ。

うつぼのタタキ 土佐の國 二十四万石にて

最後に頼んだのが、うつぼのたたき。1.250円でした。たたき以前に、そもそもうつぼなんて食べたことがなくて、どんな感じかと思ったら、これはうまいですねぇ。脂っこくない鰻を食べている感じで、お味は穴子に似てますね。ところによっては鰻のかば焼きに近い感じで焼いてしまうのかもしれませんが、高知県らしくたたきでいただきます。鰹のたたきと違って、身にがっつりと日が入っている感じなのですが、皮の部分の香ばしさがアクセントになっています。

本当はくじらとか鯖とかも食べてみたかったんですけど、今日はここまで。明日のお楽しみということです。

あわせて読みたい

新鮮土佐料理 とさ市場 皿鉢料理 皿鉢料理というのは、鰹のたたきをはじめとした魚介類やお寿司、その他諸々の料理が、大皿に乗って出てくる料理です。折...
旅行記:高知・岡山・松江へ4泊5日で旅してきました その内容のまとめ... 今回は、高知県と岡山県、ついでに松江まで4泊5日で旅してきました。その時の内容をまとめます。 1日目。この...
特急 南風・しまんと・あしずり 岡山から瀬戸大橋を渡って、高知(一部中村・宿毛行き)を結ぶのが特急南風、高松から土讃線を経由して高知(一部中村・...
とさでん交通 (旧:土佐電鉄) 高知市内には、路面電車が走っています。元々は土佐電気鉄道と言っていたのですが、近年高知県交通と土佐電ドリームサー...
宿泊記:高知ターミナルホテルの写真付きレビュー... 高知市は、どちらかと言うと小規模なビジネスホテルが点在しています。そんなビジネスホテルの一つ、高知ターミナルホテ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください