旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

駅弁レビュー:姫路駅 松茸秋膳

2016/12/01

松茸秋膳 外箱

姫路駅で駅弁を買いました。これが、今日のお昼ご飯です。姫路周辺では穴子が有名なのですが、それだと朝ご飯と被ってしまうので、松茸秋膳なる幕の内弁当を買いました。1,060円です。

松茸秋膳 中身

まず、ふたを開けると松茸の香りがぷーんとします。で、中を見てみると、真ん中に主役の松茸ご飯がどーんと入っています。その周りにおかずが入っていまして、酒の甘酢あんかけ、椎茸と大根の煮物、鮭の塩焼き、かぼちゃと蓮根の天ぷら、玉子焼き、茄子の揚げ浸し、サツマイモの甘露煮、ひじき煮、菊菜ときのこのお浸し、大根とカニ蒲鉾のなますが入っています。

松茸ご飯の上には本物の松茸が乗っていまして、見た目には豪華なのですが、松茸はぺらぺらでして、まあお値段が1,060円と、普通の幕の内弁当と大差ないと考えればこれは仕方ないでしょう。逆を言うと、このお値段で松茸が入った駅弁が食べられるって、とってもありがたい限り。もちろん、おいしかったですよ。

それにしても、姫路駅ってどうして駅弁のレベルが高いんでしょうねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください