旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:四季の湯温泉 ヘリテイジリゾート

2019/01/22

四季の湯温泉 ヘリテイジリゾート 日帰り温泉施設入り口

今回キューティー吉本が行った温泉が、四季の湯温泉(「ときのゆおんせん」と読みます)です。ここは、ヘリテイジリゾートという、ホテル併設型のリゾート施設なのですが、ここに日帰り温泉があるんです。このため、ホテルとリゾート施設への無料送迎バスが使えます。JRと秩父鉄道の熊谷駅南口と、東武東上線の森林公園駅北口から出ています。おおむね1時間~1時間30分に1本出ているので、本数はまずますです。

営業時間は10:00~22:00で、入館料はタオルのレンタル料込みで、大人1,300円、子供850円、幼児840円。館内着のレンタルは、100円です。JAF会員は、200円割引になります。

混浴ゾーンは水着着用です。水着を持っていない場合は、湯浴み着をレンタルできます。レンタル料は男性540円、女性870円です。

四季の湯温泉 ヘリテイジリゾート 無料送迎バス 時刻表

日帰り温泉の入り口を入ったら靴を脱いで、下駄箱に入れます。下駄箱は、100円リターン式です。フロントで下駄箱の鍵を預けると、ロッカーの鍵と、タオルの引換券がもらえます。フロントの先、脱衣場の入り口付近にカウンターがあって、ここでタオルを受け取ります。入館料は、館内で利用した代金共々、帰るときにフロントで精算します。クレジットカードが使えないので、要注意です。

お風呂は、内湯が広い檜風呂・・・といっても、枠だけ檜のお風呂(キューティー吉本はこれをニセ檜風呂と呼ぶ)。露天風呂は3か所に分かれていて、一番上(内湯に一番近いところ)がジェットバス、石段を下りた先にサウナと水風呂、更に石段を下りたところに岩風呂があります。岩風呂の先が混浴ゾーンになっているのですが、キューティー吉本は今回は入りませんでした。

水風呂以外は、すべて天然温泉です。泉質はナトリウム-塩化物温泉(高張性・弱アルカリ性温泉)で、薄い黄色のお湯です。さらりとした感じのお湯ですが、ごくわずかに塩気を感じます。キューティー吉本の体感温度的には、サウナが約90℃、天然温泉が大体41℃ぐらいでした。

まずは、内湯に入ります。湯舟が広くて、しかも天然温泉になっているのは評価できます。その後、サウナへ。ここは塩サウナなのですが、湿式サウナではなく、乾式サウナです。しかも、通常の乾式サウナ同様、室内はタオルが敷き詰められています。ここへ塩を付けた状態で入るとタオルが汚れそうなので、ちょっと気が引けます。ここはムリに塩を置かなくてもいいのでは・・・と思ってしまいます。

サウナを出た後、水風呂へ・・・と言いたいところなのですが、冬で屋外の水風呂となると、とんでもない冷たさ。これで水風呂に入ると荒行になってしまうので、水をかぶっただけでやめました。続いて、ジェットバスへ。このジェットバスって深さがあるのですが、座って入ることができず、早々に退散します。

四季の湯温泉 ヘリテイジリゾート フロントと浴場を結ぶ通路

続いて、露天岩風呂へ。これがとっても気持ちよかったです。お湯もいいのですが、ここは広大な敷地を誇るリゾート施設。緑豊かで滝もあって、とっても癒されます。お風呂に枯れ葉が結構入っているのですが、これは仕方ないでしょう。

その後、休憩。ごろ寝して休めるところがないのがちょっと残念。露天岩風呂の傍にあるベンチで休みます。でも、結構寒かったので、身体が冷えたらすぐまた露天岩風呂に入り、サウナ→内湯の順に入りました。

四季の湯温泉 ヘリテイジリゾート 無料送迎バス乗り場

館内は、フロントがある建物にお食事処があります。渡り廊下を通った先がお風呂がある建物で、お風呂とボディケア、お休み処があります。お休み処では、リクライナーチェアーがあって、ごろんと横になってお昼寝できます。

これだけの施設にして、館内着のレンタルを付けたとしても1,400円で入れて、しかもリゾート気分でのんびりゆったりできるので、これはかなりお得と言えます。

あわせて読みたい

日帰り入浴レビュー:四季の湯温泉 ヘリテイジリゾート... 再訪してみました。前回は温泉に入っただけだったのですが、今回は館内のお食事処も行ってみました。 最...
日帰り入浴レビュー:熊谷天然温泉 花湯スパリゾート... キューティー吉本のお願いが通じたのでしょうか。熊谷駅からの無料送迎バスができました。花湯スパリゾート発熊谷駅行き...
日帰り入浴レビュー:熊谷天然温泉 花湯スパリゾート... 熊谷にかなり大きな日帰り入浴施設があると聞きまして、行ってみました。熊谷天然温泉 花湯スパリゾートです。場所は、JR熊谷...
日帰り入浴レビュー:おがわ温泉 花和楽の湯... 今日のお目当ては、おがわ温泉 花和楽の湯 (こう書いて「かわらのゆ」と読みます)でした。東武東上線・JR八高線の...
日帰り入浴レビュー:石和健康ランド... 石和温泉駅周辺には、瑰泉以外にも大規模な温浴施設があると聞いて行ってみました。クア・アンド・ホテル石和 石和健康...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください