旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

宿泊記:天然温泉 ザ・グランドスパ 南大門の写真付きレビュー

2019/08/25

ザ・グランドスパ南大門 建物外観

ザ・グランドスパ南大門って、日帰り入浴は行ったことがあったのですが、今回初めてお泊りしました。その内容をレビューします。

実は、ザ・グランドスパ南大門って、カプセルキャビンと言って、カプセルホテルの施設があるんです。料金は、平日でスタンダード4,000円、デラックス4,700円。金・土・祝前日がスタンダード4,200円、デラックス4,900円です。料金には、ザ・グランドスパ南大門の入館料と深夜料金が込みになっています。

カプセルキャビンを利用するには、フロントで受け付け時に「カプセルキャビン利用」と言います。また、当日部屋が空いていれば、後から差額を支払って、カプセルキャビンの利用に変更してもらうこともできます。カプセルキャビン利用者に限り、途中外出ができます。

お刺身盛り合わせ ザ・グランドスパ南大門にて

では、なぜお泊りすることになったのかというと・・・

いつもの通りお風呂上りに飲みに入りまして、今日は焼肉ではなく、普通のレストランにしました。で、最初に頼んだのがおまかせ刺身の盛り合わせ。今日は、マグロ・かんぱち・イカのお刺身でした。お値段は1,100円とちょっと高め。でもって、マグロが筋多めなのが「うーん」って感じでした。

カリカリポテトフライ ザ・グランドスパ南大門にて

続いて、カリカリポテトフライ。こちらは350円とリーズナブルでした。その名の通りではあるのですが、外側がカリッとした食感になっていまして、ビールやハイボールと合います。

・・・で、飲みが終わって、しばらくまったり過ごしていたら、もう夕方が近いということに気づきまして・・・

「あれっ、ここでお昼寝したら帰れないんじゃないか!?」

・・・ということで、お泊りすることに決めたんです。どうせだったら、カプセルキャビンにお泊りしたいなということで、フロントで聞いてみたところ・・・

「スタイリッシュキャビンのスタンダードとデラックスが空いています。」

・・・ということで、ちょっと迷ったのですが、今回はデラックスにしました。

ザ・グランドスパ南大門 プライベートキャビン 左が男性用入り口 右が女性用入り口

カプセルキャビンは、3階にあります。こちらが、通常のカプセルキャビン。左奥が男性用、右手前が女性用です。

ザ・グランドスパ南大門 スタイリッシュキャビン 男性専用レストルーム 入り口

で、こちらがスタイリッシュキャビンの入り口。なお、カプセルキャビンとスタイリッシュキャビンの入り口にはバーコードリーダーが付いていまして、ロッカーキーをタッチしないと入り口が開かない仕組みになっています。

ザ・グランドスパ南大門 スタイリッシュキャビン デラックス 外観

入り口を入ると目に付くのが、デラックスのカプセルキャビンです。全部で8室あります。

ザ・グランドスパ南大門 スタイリッシュキャビン スタンダード 外観

こちらが、スタンダードのカプセルキャビンです。これぞまさしくカプセルホテルって感じで、カプセル状のお部屋がずらりと並んでいます。

室内には空気清浄機が置いてあるのですが、こいつが曲者でして。夜中にいきなり「循環を開始します」と音声案内が流れるのですが、この音声が大きめ。これ、音声案内を切るってできなかったのでしょうか。

ザ・グランドスパ南大門 スタイリッシュキャビン デラックス カプセルルーム

では、スタンダードとデラックスではどこが違うのかというと、デラックスの方が通気性のいいマットを使っているんだそうです。確かに、このマットは快適そのものだったのですが、スタンダードと700円の価格差を考えると、「うーん」って言った感じです。

ザ・グランドスパ南大門 スタイリッシュキャビン デラックス カプセルルーム 下段

で、室内を拡大しました。テレビと換気扇が付いています。換気扇の音はやや大きめ。なので、換気扇はスイッチで止めることもできます。ただし、換気扇を付けないと室温がぐんぐん上がってきます。キューティー吉本は、換気扇を止めて、カーテンをやや開けて寝ました。(これは下段だからできることかもしれませんが)

ザ・グランドスパ南大門 スタイリッシュキャビン デラックス 背面の操作パネル コンセント 時計 明かりのスイッチがついています

背面の操作パネルです。左側に、充電用のACコンセントとUSBコネクタがあります。非常用ライトが置いてあるので、ケータイやスマホの置き場にやや苦労します。ノートPCだと置けるかどうかがビミョーな感じです。

真ん中にアラーム付きの時計があるのですが、液晶でバックライトなしなので、明かりを消すと全く見えません。右側に明かりと換気扇のスイッチが付いています。テレビのリモコンは、操作パネルの横に置いてあります。

ザ・グランドスパ南大門 スタイリッシュキャビン 備え付けの毛布・タオルケット・ズボンプレッサ

各カプセルキャビンには枕と掛布団が置いてあります。その他、毛布とタオルケット、ズボンプレッサの貸し出しがあります。

土壌の柳川風 ザ・グランドスパ南大門にて

で、カプセルキャビンのお部屋が確保できたところで、ここでお昼寝してしまうという線も考えたのですが、それだと起きたときにお食事処が閉店していて、晩ご飯が食べられないのではないかということで、このまま飲みを続行することに。

夕方以降でないと開かない、和食処があるのでそこを利用してみます。(水曜定休日)

まず頼んだのが、ドジョウの柳川風。お値段は900円でした。ビールよりも焼酎のお湯割りが合う感じですね。ドジョウが淡白で、うまかったですよ。

サザエのつぼ焼き ザ・グランドスパ南大門にて

続いて、サザエを注文。刺身と焼きのどちらにしますかということで、焼きにしました。お値段は1,500円とちょっとお高め。でもうまかったですよ。

ハモの唐揚げ ザ・グランドスパ南大門にて

最後にハモ唐揚げ。最後にあっさりしたものを食べるつもりだったのですが、意外と濃い味系が出てきて面喰いました。ハモは湯引きか天ぷらの方が合うみたいですね。お値段は700円でした。

ここで、カプセルキャビンでお休み。意外と気になるのが、扉の開け閉めの「ガチャン」音です。しかも、バーコードリーダーにロッカーキーをタッチした時の「ピー」音も気になります。ま、キューティー吉本のお部屋が扉に近いところだったので、余計に気になったのかも知れません。

目が覚めたのが深夜の23:30頃でした。ここで、お風呂に入ります。お風呂は23時間空いているので、夜中でも入れます。ただし、露天風呂のテレビは深夜時間帯はオフになります。

30分ほどお風呂に行った後、再びカプセルキャビンへ。床を歩く時の「ドタドタ」音がしまして、一体何かと思ったら、スタイリッシュキャビンって、男性用レストルームが隣なんですね。で、このレストルームの床がなぜか嵩上げされていまして、ここを歩くときに「ドタドタ」音がするんです。しかも運悪く、デラックスのカプセルキャビンって、壁を挟んで反対側がそのレストルームなので、「ドタドタ」音が響くと言う訳です。どうやらこれは、キューティー吉本が泊まったお部屋がハズレだったみたいです。

朝の8:00過ぎに目が覚めます。ここで朝湯に行きます。注意点として、お風呂は8:00~9:00は一部清掃中、9:00~10:00は全面清掃中で利用できません。なので、朝湯に入りたい人は8:00ぐらいまでには起きた方がいいでしょう。

チェックアウトは11:00です。キューティー吉本がチェックアウトしたのは、10:00過ぎでした。あれだけ立派な温浴施設に入れるということでこの料金設定なんだと思うのですが、これをカプセルホテルの料金と考えた場合、ちょっと値段が高いかなといった感じです。ただし、施設は清潔そのもので、安心して利用できます。

あわせて読みたい

日帰り入浴レビュー:天然温泉 ザ・グランドスパ 南大門... キューティー吉本的に興味があったのは、お風呂上りに焼肉が楽しめるのはいいとして、じゃあ普通のお食事処ってどうなん...
日帰り入浴レビュー:天然温泉 ザ・グランドスパ 南大門... 再訪しました。何が目的だったかといいますと・・・ はい。一人焼き肉です。ここ、館内に焼肉コーナーが...
宿泊記:熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部の写真付きレビュー... 横浜みなとみらい万葉倶楽部まで、再度行ってみました。(施設の詳細は、前回行った時の記事をご覧ください。) 横浜みな...
日帰り入浴レビュー:天然温泉 ザ・グランドスパ 南大門... JR宇都宮駅から歩いて行けるところに温泉があるらしいと聞いて、行ってみました。ザ・グランドスパ 南大門です。 ...
宿泊記:甲府湯村温泉 湯村ホテル B&Bの写真付きレビュー... この日のお宿は、湯村ホテルB&Bでした。実はここ、キューティー吉本がぼっち温泉旅にお勧めできるホテルなんです。ま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください