旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

旅行記:宇奈月温泉の温泉街をぶらぶら歩いてみた

2020/03/31

宇奈月温泉 駅の足湯 くろなぎ 看板

宇奈月温泉へは、富山地方鉄道の新黒部駅(北陸新幹線の黒部宇奈月温泉駅の最寄り駅)から電車で20分ぐらいの、宇奈月温泉駅へ行きます。ここが黒部渓谷の観光拠点になっていまして、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車、宇奈月駅がほぼ隣にあります。

宇奈月温泉駅には駅の足湯 くろなぎがあります。キューティー吉本も中に入ってみます。

富山地方鉄道本線 宇奈月温泉駅 駅の足湯 くろなぎ 足湯の中

駅の足湯 くろなぎは、富山地方鉄道の切符を持っていない人でも利用できます。なので、切符を持っている人と、切符を持っていない人を区切るための柵が設置されています。ちなみに、手前が切符を持っている人、奥が切符を持っていない人のエリアです。

富山ブラックラーメン 店舗

宇奈月温泉駅を出るとすぐに、踏切があります。この踏切の先が、温泉街です。

宇奈月温泉 宇奈月温泉駅と温泉街との間にある踏切

その踏切を温泉街側から見ると、こんな感じ。付近には黒部峡谷鉄道の車庫があって、トロッコ列車が良く見えます。

宇奈月温泉 温泉街入り口の踏切を渡ったところ

宇奈月温泉駅から踏切を抜けると、こんな感じ。写真左奥にあるのが日帰り温泉、宇奈月温泉総湯です。ここが、宇奈月温泉の観光案内所を兼ねています。

宇奈月温泉 おもかげ通り 宇奈月温泉総湯の先から撮影

手前を左に曲がると、おもかげ通りです。銀行と郵便局があります。街灯がトロッコ列車になっているのがステキです。

宇奈月温泉 中央通り 宇奈月温泉総湯付近から撮影

真ん中を左に曲がると中央通りです。飲食店やお土産物屋さんをはじめ、商店は大抵ここに立ち並んでいます。

宇奈月温泉 湯の町通り 薬師寺付近

おもかげ通りを先まで行くと、右に折れる道があります。

宇奈月温泉 薬師寺

その交差点付近に建っているのが、薬師寺です。

宇奈月温泉 足湯 おもかげ 外観

薬師寺の先には、足湯おもかげがあります。誰でも無料で入れます。

宇奈月温泉 足湯 おもかげ 足湯の中

足湯おもかげの中は、こんな感じ。宇奈月温泉は無色透明の単純温泉で、源泉温度は約98℃あるそうです。

宇奈月温泉 湯の町通り 延対寺荘の前から撮影

更に歩いて、突き当りを右に行くと、延対寺荘があります。

宇奈月温泉 湯の町通り温泉やまのは付近を撮影

この周辺が湯の町通りです。温泉旅館は、大抵この周辺にあります。

宇奈月温泉 黒部川

なぜかと言いますと、このすぐ近くが黒部川でして、客室から黒部渓谷が見えるよう、この近くが温泉旅館になっていると言う訳ですね。

宇奈月温泉 中央通り 足湯おもかげ付近から撮影

宇奈月温泉は結構小じんまりしていまして、大体10分あれば温泉街を一周できます。宇奈月温泉に来たついでに、ぶらぶら歩いてみるのも面白いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください