旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

旅行記:富山・宇奈月温泉へ2泊3日で旅してきました その内容のまとめ

2020/04/22

今回は富山県へ2泊3日で旅してきました。その内容をまとめます。

富山地方鉄道本線 宇奈月温泉駅 駅構内 隣に黒部峡谷鉄道の施設があります

1日目。北陸新幹線黒部宇奈月温泉駅へ行き、富山地方鉄道新黒部駅から宇奈月温泉駅に行きます。ちなみに、黒部峡谷鉄道はお休み。でも、トロッコ列車にはご対面できましたよ。

宇奈月温泉観光案内書 宇奈月温泉総湯 建物

着いた頃にはもうお昼だったので、富山ブラックラーメンを。その名の通り、黒いスープのラーメンが登場。でも、これがうまいんですよね。

お宿のチェックインまで時間があるので、温泉に入ることにします。宇奈月温泉総湯があったので、ここに入ります・・・て、宇奈月温泉には日帰り温泉はここしかないのですが。

↓宿泊予約を見る方は、ここをクリック
楽天トラベル じゃらんnet

キューティー吉本が宇奈月温泉でお泊りしたのは、延対寺荘さんでした。渓流を眺めながらの温泉と、富山県で食べたいお魚を網羅している懐石料理はサイコーでしたよ。

宇奈月温泉 弥太蔵橋 山彦橋 新山彦橋 やまびこ遊歩道の入り口から撮影

2日目。黒部川電気記念館に行ったら、まさかの休館日。で、やまびこ遊歩道を歩いてみようと思ったら、冬季閉鎖中。やまびこ展望台は行けたので、黒部峡谷の絶景を堪能。でも、本当は遊歩道を歩いてみたかったですね。

富山地方鉄道 10030形 前面 宇奈月温泉駅で撮影

富山地方鉄道で一番逢いたかった電車が、10030系。元京阪電鉄の3000系です。で、その10030系が宇奈月温泉駅に。おおお、会いたかったよぉ!

宇奈月温泉駅から富山地方鉄道新黒部駅へ。で、黒部宇奈月温泉駅からバスで黒部市内へ行くつもりをしていたのですが、ここで痛恨のミス。黒部市内へのバスの時刻を間違えた上、土休日は予約しないとバスが来ないことに気づかず。黒部宇奈月温泉駅で、約1時間足止めされる羽目に。

富山地方鉄道市内電車 電鉄富山駅・エスタ前電停 左側が大学前方面行き乗り場 右側が南富山方面乗り場への通路

黒部市内は断念して、黒部宇奈月温泉駅から北陸新幹線富山駅に行きます。この日は市内電車と富山ライトレールの南北直通運転が始まった日でして、富山駅はすごい人でした。カメラを持った人(つまり鉄道マニアと思われる人)の数もすごかったです。

キューティー吉本が会いたかったのが、8000系。だって路面電車スタイルなのにかっこいいんですもん。これが30年以上前の電車とは思えないです。

市内電車に乗ってみたかったので、電鉄富山駅・エスタ前電停から南富山駅へ。そこからバックして、西町電停へ。ここで、富山市の繁華街、総曲輪周辺をぶらぶらします。ちょうどお昼ご飯時だったので、そば弁当を頂きました。

富山市役所 展望塔 立山連峰を撮影

ホテルのチェックインまで時間があったので、富山城へ行きます。南北直通運転のイベントで、こちらも凄い人。

ホテルのチェックインを済ませたら、前々から気になっていた高ーいタワーみたいなビルへ。これ、富山市役所でした。高ーいタワーの部分が展望塔になっていまして、ここから見える立山連峰は絶景でしたよ。

ホタルイカのお造り 飲み処食べ処 仄香にて

夜は総曲輪にある飲み処食べ処 仄香へ。富山県で食べられるお魚を堪能したかったのです。

キューティー吉本的に一番食べたかったのは、ホタルイカのお造り。だって、ホタルイカの沖漬けは首都圏でも食べられますけど、ホタルイカの刺身は食べられない・・・ていうか見たことないし。富山県でも期間限定らしく、これホント絶品。

↓宿泊予約を見る方は、ここをクリック
楽天トラベル じゃらんnet Yahoo!トラベル

キューティー吉本が富山市でお泊りしたのは、ドーミーイン富山さんでした。下手な温泉旅館よりも立派な温泉に入れて、とっても良かったですよ。

焼き魚定食 新湊きっときと市場にて

3日目。キューティー吉本のお魚食べたい熱は止まらず、新湊へ行くことに決定。富山駅からあいの風とやま鉄道線で高岡駅へ。万葉線に乗り換えて東新湊電停に行きます。で、新湊きっときと市場へ行きます。ここは新湊の漁港の近くで、きときとの(富山弁で「新鮮な」)お魚が買えるんです。

キューティー吉本が頂いたのが、焼き魚定食。のどぐろの焼き魚が絶品でしたよ。

新湊大橋 海王丸付近から撮影

この後、新湊大橋へ。「あいの風プロムナード」という看板が気になって行ってみると、なんと新湊大橋を歩いて渡れるんだそうです。もちろん、キューティー吉本も歩いてきましたよ。

ただし、新湊きっときと市場からひたすら歩いてきたので、すでに足はがくがく。で、帰りは富山県営渡船で戻りたかったのですが、時間が合わずに断念。また新湊大橋を歩いて渡る羽目に…

万葉線 MLRV1000形 ドラえもんトラム 全体 越ノ潟駅で撮影

万葉線越ノ潟駅から高岡駅に戻ります。で、越ノ潟駅にやってきたのはドラえもんトラムでした(わーい!)

実はドラえもんの作者、藤子・F・不二雄氏が万葉線の沿線の出身だそうで、その縁もあって万葉線にドラえもんの電車が走っているというわけです。

高岡山 瑞龍寺 山門を抜けたところ 正面に佛殿があります

高岡駅から歩いて、瑞龍寺に行きます。富山県唯一の国宝だそうです。確かに立派なお寺で、あの回廊でつながっている建物は圧巻です。

高岡駅に戻った時、次の電車に乗らないと富山駅から北陸新幹線に乗り遅れることが判明。で、慌てて高岡大仏へ・・・と言っても、高岡駅から歩いて15分位なんですけどね。でも、高岡駅から走りました。

おかげさまを持ちまして、このブログも全都道府県制覇できました。これからも、色んなところを旅して行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください