津城跡

津城跡 丑寅櫓

津市の観光名所の一つ、津城跡です。場所は、津市役所の前です。頑張れば津駅または津新町駅から歩けるかもわかりませんが、バスで行くことをお勧めします。両駅からバスで約10分、最寄りバス停は三重会館前です。

津城跡 丑寅櫓脇の入り口

三重会館前バス停から歩いていくと、丑寅櫓が見えます。その脇に、出入り口があります。

津城跡 現在ではお城公園になっています

津城は、織田信長の弟の、信包によって築城されました。天正8年(1580年)には天守閣が完成し、城下町が形成されました。その後、富田氏が城主となりましたが、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで、戦火を受けました。

現在ではお堀の大部分が埋められましたが、天守閣があったあたりとその周辺がお城公園として整備されています。

津城跡 藤堂高虎公の銅像

お堀公園の中に、藤堂高虎公の銅像があります。

藤堂高虎公は、慶長13年(1608年)に伊予今治から津へ移りました。城に大改修を行い、城下町を整備しました。しかし、天守閣は再建されなかったそうです。

津城跡 本丸跡 現在は日本庭園になっています

天守閣があったあたりは、日本庭園になっています。

津城跡 入徳門

入徳門です。津市の指定史跡になっています。

文政3年(1820年)、第10代藩主の藤堂高兌が藩士やその子弟を教育するための藩校として、有造館を作りました。その中心である講堂の正門が、この入徳門です。

有造館は明治4年(1871年)に廃校となりましたが、その後に創設された小学校第一校、師範学校、津中学校、三重女学校兼付属幼稚園、入徳幼稚園の正門として使われました。

津城跡 内堀

前述の通り、津城のお堀は大部分が埋め立てられました。現在では内堀がわずかに残るのみです。

津市役所 建物

番外編。津市役所です。津城跡のお隣にあります。

ぴえんのイラスト 女性

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。この記事を気に入っていただけましたら、ぜひtwitterへのフォローをお願いします

フォローする

一休.com 平日限定特集

一休.comでは、全国で人気の旅館・ホテルが参加する平日限定特集ページをご用意 一度は泊まってみたいホテルや旅館にお得に泊まれるチャンスです♪ 特集ページへ

当サイトおすすめ
楽天トラベル

「ホテルの窓口」時代を含めると、旅行予約サイトの老舗と言ってもいいですね。お宿だけではなく、JALやANAの航空券や、レンタカーとのセット予約もできます。楽天ポイントが貯まる・使える、JAL楽パック・ANA楽パックといった航空機とのセットプランでもマイルが50%貯まるのも魅力

Yahoo! トラベル

Yahoo!の宿泊・ホテル予約サイト。飛行機とのセットプランや、国内ツアー、海外ツアー、格安航空券も取り扱っている。Tポイントを貯めることができ、Yahoo!プレミアム会員やソフトバンクのケータイ・スマホのユーザは、5%がポイント還元される

一休.com

全国各地の高級ホテルや旅館、ハイクラスなビジネスホテルに特化した宿泊予約サイト。掲載されているホテルや旅館は、一休.comの基準をクリアしたもののみ。このため、安心して泊まれるというメリットがある。また、一休.comの会員になると、会員限定プランや一休ポイントといったメリットがある。不定期にタイムセールを行っており、お得にホテル・旅館予約できるケースも

アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行

コメント

タイトルとURLをコピーしました