旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:舞浜ユーラシア

2013/07/07

東京ディズニーリゾート近辺のホテルで、唯一(たぶん)温泉があるのが、舞浜ユーラシアです。舞浜駅から送迎バスが、おおむね20分に1回出ています。バス乗り場の標識はありません。舞浜駅北口(東京ディズニーランド方面の反対の出口)の、おおむねこの写真の赤枠の辺りに、送迎バスが来ます。

舞浜ユーラシア 舞浜駅北口からのバス待ち合わせ場所

舞浜ユーラシアって、正しくはスパ併設のホテルなんです。なので、東京ディズニーランド帰りにホテルにお泊りするお客さんだけじゃなくて、地元の人も日帰り入浴にきます。あと、舞浜ならではなのが、観光バスの運転手さんやバスガイドさんが、東京ディズニーランドへお客さんを送った後、休憩時間を利用してここに来るケースもあるみたいです。

舞浜ユーラシア スパ棟 正面

この写真の右に写っているのが、舞浜ユーラシアの送迎バスです。

舞浜ユーラシアは、スパ棟とホテル棟がありまして、温泉はスパ棟にあります。この写真は、スパ棟です。ホテル棟は、宿泊客しか入ることができません。

舞浜ユーラシア 足湯

舞浜ユーラシア5階にある、足湯です。この写真をみるとわかりやすいのですが、お湯は茶色で、なめるとしょっぱいです。ただし、露天風呂に源泉かけ流しのお風呂がありまして、そこは琥珀色で足元が見えないぐらいです。

舞浜ユーラシア 足湯

とってもあったまるお風呂ですが、キューティー吉本が目指すのは温泉ではなく、サウナです。実はここ、サウナが充実していまして、ケロサウナ(室温70℃ぐらい)、高温サウナ(室温80℃ぐらい)、塩サウナがあります。ここのケロサウナで10分ぐらいごろ寝するのが、キューティー吉本のおすすめです。普通のサウナよりもやや温度が低めなので、これが気持ちいいんですよね。

しかも一日2回、ケロサウナでロウリュウがあります。これも時間が合えばぜひご参加を。ただし、キューティー吉本は大抵ロウリュウに参加せず、ロウリュウが終わった後のケロサウナでごろ寝してます。

舞浜ユーラシア 足湯 レストラン方向

舞浜ユーラシアのスパ棟5階が、足湯の他にレストランになっています。土日祝日の夜は、ディナーバイキングをやってまして、東京ディズニーランド帰りのお客さん(特に家族連れ)でかなり賑わってます。そりゃあそうですよね。1,780円で食べ放題ですから。

キューティー吉本は昼に来たので、普通にレストランに行きます。ここのお勧めは、築地魚河岸盛りです。

舞浜ユーラシア 築地魚河岸盛り

こういうところでお刺身って、一見すると不似合なのですが、この築地魚河岸盛りって、1,680円にして・・・

  • マグロ中トロ
  • マグロ赤身
  • サーモン
  • シャコ
  • サザエ
  • きずし
  • タコ
  • イカ
  • ホタテ貝
  • 甘海老
  • カンパチ
  • カニ

これだけ入ってるんです。なので、写真を撮っても、隠れて見えないぐらいなんですね。この築地魚河岸盛り、1,680円にして、キューティー吉本だったら生ビール中ジョッキで、最低でも3杯はいけます。これだけ飲もうと思ったら、大抵おつまみ3品ぐらいは頼むことになりまして、それだと結局築地魚河岸盛りぐらいのお値段になってしまうんですね。なので、築地魚河岸盛りって実はコストパフォーマンスに優れたおつまみだったりするんです。

舞浜ユーラシア 八海山

それから、ここのレストランって、下手な居酒屋さんよりもお酒が充実しています。キューティー吉本がいただいたのが、八海山です。

舞浜ユーラシア 白ワイン デキャンタ

レストランにはワインセラーがありまして、ワインのメニューも充実しています。ただし、キューティー吉本が頼んだのは白ワインのデキャンター。950円です。これも、安くて酔っぱらえる、コストパフォーマンスに優れたお酒です。そもそも、ワインをデキャンターで出してくれる(当然ですが、赤ワインのデキャンターもあります)って、この手のお店じゃ珍しいですね。

↓お得な前売りクーポンをじゃらん遊び・体験で見る方は、ここをクリック
SPA&HOTEL舞浜ユーラシア

東京ディズニーランドも一日楽しめますけど、舞浜ユーラシアも一日楽しめます。みなさんぜひお越しくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください