旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

伊豆箱根鉄道

2016/06/25

伊豆箱根鉄道 駿豆線 3000系 全体 三島駅にて

伊豆箱根鉄道は西武鉄道のグループ会社でして、駿豆線(「すまめせん」ではなく「すんずせん」と読みます)と、大雄山線の2つの路線があります。路線はつながっていません。

まずは駿豆線から。駿豆線は、東海道新幹線と東海道線の三島駅から、温泉で有名な伊豆長岡、大仁(「おおひと」と読みます)を経由して、修善寺に行く路線です。

伊豆箱根鉄道 駿豆線 3000系 車内 三島駅にて

車内の様子です。オレンジが基調になっています。観光路線であるためか、升席になっています。

伊豆箱根鉄道 駿豆線 3500系 正面 修善寺駅にて

基本的には各駅停車で、ワンマン運転です。たまに、特急踊り子号が乗り入れます。

JR東海道本線 三島駅 伊豆箱根鉄道線ではSuicaが使えないことを知らせる案内看板

駿豆線では、Suica、PASMOなどのICカードは使えません。このため、三島駅ではSuicaで乗ってきた乗客は、JR線の改札口を出場処理後(つまり「一旦JR線の改札口を出ろ」ということ)、伊豆箱根鉄道線に乗り換えるよう、書いてあります。

伊豆箱根鉄道 駿豆線 修善寺駅 ホーム 正面が3番線と4番線です

終点の修善寺駅です。修善寺駅からバスで、修善寺温泉や湯ヶ島温泉、常連の滝、河津七滝方面に行けます。

伊豆箱根鉄道 大雄山線 5500系 全体 小田原駅にて

続いて、大雄山線です。大雄山線は、東海道新幹線、東海道線、小田急線、箱根登山鉄道線の小田原駅と、大雄山駅を結ぶ路線です。

伊豆箱根鉄道 大雄山線 5500系 正面 小田原駅にて

面白いのはこの電車、行先表示が幕式ではなく、電光式になっている点です。これは、行先が小田原と大雄山しかなく、どちらかのランプを点灯される仕組みになっているんです。

伊豆箱根鉄道 大雄山線 5500系 車内 小田原駅にて

車内はこんな感じです。所要時間が約20分ぐらいなのですが、クロスシートの車掌があります。また、大雄山線には車掌さんが乗っています。これは、途中駅で運賃を回収するためだと思われます。

伊豆箱根鉄道 大雄山線 大雄山駅 改札口 自動改札機にSuica、PASMOなどのICカードリーダーが付いています

大雄山線では、SuicaやPASMOなどのICカードが使えます。なので、自動改札機にはICカードリーダーが付いています。ちなみに、途中駅には簡易ICカード改札機が付いています。

伊豆箱根鉄道 大雄山線 大雄山駅 駅に隣接する車庫全景 真ん中がホームです

終点の大雄山駅が、車庫を兼ねています。元々は大雄山最乗寺への参拝客を乗せるための路線だったのですが、現在ではどちらかというと、観光路線というよりは地元の人たちが足代わりに使う感じです。

最近では中小私鉄の経営が苦しく、大手私鉄の中古車が走っている路線が増えていまして、せっかく旅行に行ったというのに「あれー、この電車って昔やったらめったら乗った記憶があるんだけどなぁ」とがっかりする(「満員電車でひどい目に合った」とか、あんまりいい記憶がないもんで)ケースがままある中、伊豆箱根鉄道はオリジナルの電車が走っています。キューティー吉本的には嬉しい感じですね。

あわせて読みたい

特急 踊り子号 今日は伊豆まで行ってきました。乗ったのはこれ。特急踊り子号です。 いや、これって特急草津号と同じ形じゃない...
修善寺駅 伊豆箱根鉄道駿豆線の終点、修善寺駅です。その名の通り、修善寺温泉の最寄り駅ではありますが、修善寺温泉までは大分遠...
三島駅 熱海駅と並んで、伊豆方面の玄関口になっている、三島駅です。東海道新幹線と東海道本線、伊豆箱根鉄道駿豆線(「すまめ...
日帰り入浴(失敗):湯ヶ島温泉 世古の大湯... 伊豆の湯ヶ島温泉には、公衆浴場があります。世古の大湯です。場所は、湯ヶ島温泉バス停のすぐ横にあります。しかし、道...
旅行記:伊豆の湯ヶ島温泉を歩いてみたら、廃墟感ハンパなかった... 湯ヶ島温泉口バス停です。ここが一番バスの本数が多く、大体1時間に1~2本のバスが来ます。湯ヶ島温泉の町内にはいく...

2 件のコメント

  • ばく より:

    大雄山線で降りる時は必ず車掌さんが回収するんですか?

  • Cutie Yoshimoto より:

    その通りです。基本的に無人駅では乗務員が改札します。
    ただし、Suica・PASMOなどのICカードで乗車した時や、定期券で乗車した時などは、切符の回収はしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください