旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:大江戸温泉物語 浦安万華郷

2017/01/02

大江戸温泉物語 浦安万華郷 建物外観

浦安万華郷です。大江戸温泉物語のグループで、場所は東京ディズニーランドのある舞浜駅の一つ隣、新浦安駅からバスで10分ほど行ったところにあります。最寄りバス停は日の出七丁目で、歩いて5分ほどのところにあります。ただし、新浦安駅、新小岩駅、浦安駅から無料送迎バスが出ているので、時間が合えばそちらを利用するといいでしょう。ちなみに、新浦安駅は北口から無料送迎バスが出ています。

大江戸温泉物語 浦安万華郷 無料送迎バス 新浦安駅、浦安駅、新小岩駅などから出ています

営業時間は、11:00~翌9:00で(館内施設により営業時間は異なる)、料金は平日が大人1,748円、子供734円。土日祝日が大人2,072円、子供842円。特定日が大人2,396円、子供950円で、タオルのレンタルがついています。館内着は別料金で302円です。

中は水着露天ゾーン、露天ゾーン、内湯ゾーンの3つに分かれています。このうち、水着露天ゾーンは男女混浴で、水着着用です。キューティー吉本は水着を持って行っていなかったので、露天ゾーンと内湯ゾーンのみの利用です。

お風呂は、内湯ゾーンが乾式サウナ、スチームサウナ、水風呂、天然温泉、漢方薬湯、気泡浴、寝湯、家族風呂、季節の湯。露天ゾーンが天然温泉、ゲルマニウム風呂、コラーゲンの湯、釜の湯。季節の湯と釜の湯はイベント風呂で、キューティー吉本が行った日には、季節の湯が鳴子温泉で、釜の湯が登別温泉でした。これだけあると、どこから入っていいのかわからなくなってしまいます。

天然温泉は、ナトリウム-カルシウム強塩泉で、茶色い色でした。ちょうど舞浜ユーラシアと同じ感じ・・・て、そりゃあそうですよね、すぐ近くなんですから。ただし、源泉風呂はありません。これだけたくさん湯船があるんだったら、1つぐらいは源泉風呂を作ったっていいんじゃないかと思います。

キューティー吉本の体験温度的には、寝湯と家族風呂が約39℃~40℃。それ以外が約41℃~42℃。普通よりやや熱い感じがしました。それ故、ゆっくり入ることができず、ぽちゃんと入っても1分ぐらいですぐ上がる感じです。もっとも、これはキューティー吉本だけでなく、他の人も同じ感じでした。やはり温度が高すぎると感じる人が結構いるのでしょう。

イベント風呂とコラーゲンの湯は、バリバリの入浴剤。ゲルマニウム風呂は、普通のお湯と大差を感じず。漢方薬湯は、漢方がはいっている感じがせず。どのお風呂もなんか中途半端な感じがします。ただし、乾式サウナが岩塩黄土サウナになっていて気持ちよかったのと、寝湯がゆっくり入れたのと、横になって休憩できるスペースがあったのは評価できます。

大江戸温泉物語 浦安万華郷 館内 食べるところはいっぱいあります

館内は、お風呂も含めて和風の雰囲気。やはりこれも舞浜ユーラシアとは対照的な感じがします。館内は、1階がフロント、お風呂とお食事処。2階がお休み処とマンガコーナー、キッズスペースです。ただし、お休み処は宴会場の空きを利用したものです。

食べるところはラーメン、中華、焼肉、和食と色々ありましたが、焼肉コーナーは昼は営業していませんでした。場所柄、昼に東京ディズニーランドに行っていたお客が、ホテルとして利用するケースも考えられまして、それ故夜の方が食べ物が充実しているのでしょう。

玉子焼き 浦安万華郷にて

考えた挙句、セルフサービスの和食コーナーへ。まずは、玉子焼きを注文。378円でした。お刺身の盛り合わせもあったのですが、味が期待できなかったので、頼みませんでした。(しかし、これが違う意味で正解に)

山盛りフライドポテト 浦安万華郷にて

次に注文したのが、山盛りポテトフライ。410円でした。お安いのはとっても嬉しいのですが、この分量に閉口。一人で食べたら、食べても食べても減らないし。これでお刺身を頼んでいたら、絶対に食べきれなかったかも。

大江戸温泉物語 浦安万華郷 ロビー

この後、お休み処でお昼寝。畳敷きで、マットと枕、ブランケットが置いてありまして、照明もやや暗めにしてあります。ここでお昼寝ができるのですが、扉は開けっ放し。「防犯のため扉は開けたままにしてあります」とのことですが、それならもっと奥の部屋にして、騒音が入ってこないようにするべきでしょう。事実、真下にあるお食事処からの騒音や、お休み処のすぐ先に行く子供が廊下を走る音が容赦なく入ってきます。なので、とても寝られたものではありません。

↓お得な前売りクーポンをasoview!で見る方は、ここをクリック
大江戸温泉物語 浦安万華郷

結論。ここは、ゆっくりしに行く場所じゃなく、遊びに行く場所ですね。それ故、カップルや家族連れで、わいわい楽しみたいのであればお勧めできますが、のんびりお風呂に入って癒されたい人にはお勧めできません。なので、この施設が好きっている人と、嫌いっていう人にはっきり分かれると思います。キューティー吉本的にはお風呂はゆっくり入りたいので、ここではなくて舞浜ユーラシアをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください