旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

旅行記:熱海市内をぶらぶら歩いて、ついでに温泉に入ってみた

2017/03/31

平和通り名店街入口 この商店街を抜けて道なりに進むと、大江戸温泉物語 熱海温泉 あたみ があります

熱海と言えば、日本でも有名な温泉街ですね。たくさんの観光客が訪れます。

熱海 平和通り商店街 観光客でごった返しています

大江戸温泉物語あたみはこっち」という看板につられて、平和通り名店街へ。商店街の中は、多くの観光客でごった返しています。

大江戸温泉物語 熱海温泉 あたみ 建物外観

平和通り名店街を抜けて、坂を下っていくと、大江戸温泉物語あたみがありました。ここで日帰り入浴します。

熱海駅舎跡 熱海温泉 大江戸温泉物語 あたみのすぐ横にあります

熱海駅は、元々ここにあったそうです。熱海駅舎跡を示す石碑があります。

熱海 坂が多く、桜がちらほら咲いていました

熱海駅にはあれだけたくさんの観光客がいたにもかかわらず、平和通り名店街を過ぎるとぱったりといなくなります。恐らく坂の昇り降りが嫌なんでしょう。桜がちらほら咲いていました。

熱海 昭和の雰囲気が残る商店街 しかし、シャッター街と化していました

地元の人向けの商店街だと思うのですが、人影はまばら。商店街というよりは、シャッター街と言ったほうが正しいかもしれませんね。

熱海 温泉街 何とも昭和の雰囲気のホテルがあります

商店街といい、ホテルといい、昭和の空気を感じます。「人生は旅」ってキャッチフレーズが泣かせます。ちなみに、この通りの先に、大湯間欠泉があります。

熱海 本町商店街バス停 ここが桜通りです

本町商店街バス停です。バス停は橋の上にありまして、川沿いが桜並木になっています。

熱海 マリンスパあたみバス停付近からサンビーチを眺める

坂を下った先は、サンビーチと言って、砂浜が広がります。こうして見てると、どこかのリゾート地に来たような錯覚を起こします。(・・・て、熱海も十分リゾート地だという説もあるのですが)

熱海温泉 マリンスパあたみ 建物全景

マリンピアあたみです。日帰り温泉を楽しみに来てみたのですが、ここはプールがメインの施設だそうで、残念ながら断念。ちなみに、水着のレンタルもあるそうです。

熱海 マリンスパあたみバス停付近 猫がいました

マリンピアあたみの近くには、早島行きの船のりばがあります。ここで、一匹の猫を発見。キューティー吉本は、その先のアタミロープウェイ熱海城へ行きます。

大湯間欠泉 市外通話発祥の地 記念公衆電話 もちろん本当に通話できます

熱海は日本の市外通話発祥の地だそうです。大湯間欠泉のそばに、公衆電話ボックスがあります。しかし、大湯と聞いて日帰り温泉を想像していたキューティー吉本は、大湯間欠泉を見てがっかり。人は入れないんですね。

湯前神社 境内

でも、近くに温泉浴場 大湯を見つけて、ちゃんと日帰り温泉には行ったのでした。ここは、大湯の近くにある湯前神社ですね。

熱海温泉 小沢の湯 日帰り温泉ではなく、源泉でした

熱海7湯めぐりというのは、7つの外湯で温泉巡りをしましょうということではなく、熱海の7つの源泉を見に行きましょうということでした。これは、7湯のうちの一つ、小沢の湯です。

JR東海道本線 熱海駅 バスターミナル

熱海市内は坂が多く、歩いて回るには向いていないと感じました。熱海駅から素直にバスに乗ったほうがいいと思います。湯~遊~バスも走っていることですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください