旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

旅行記:JR日南線の油津駅から鵜戸神宮まで行ってみた

2019/10/30

JR日南線 油津駅 駅舎 駅前ロータリーから撮影

鵜戸神宮の写真を見まして、まさしく一目ぼれと言いますか、これは絶対行ってみたいと思いまして。調べてみたところ、列車では無理でバスで行くことになりました。バスは宮崎駅宮崎空港の他、油津駅から出ているそうです。なので、まずは油津駅へ。しかし、派手な駅だなー

宮崎交通 油津駅前バスセンター 待合室

駅からほど近いところに、油津バスセンターがあります。およそ1時間に1本ぐらいバスが出ているみたいです。ここで、バスを待ちます。

宮崎交通 油津駅前バスセンター-宮崎駅 車内の様子 バスは海沿いを走ります

で、バスの中です。バスは海岸線を走るので、景色がとってもきれい! ちなみに、バスはnimoca、SUGOCA、Suica、PASMOなどのICカードが使えます。

宮崎県 鵜戸神宮 バス停前の広場というか駐車場

バスは、広ーい広場(・・・て言うか駐車場)に到着。この広場の端っこに、鵜戸神宮バス停があります。

宮崎交通 鵜戸神宮 バス停 油津駅か宮崎駅方面に行けます

油津バスセンターから20分ぐらいで鵜戸神宮バス停に着きました。

「なあんだ、余裕じゃん!」

・・・と思ったら・・・

宮崎県 鵜戸神宮 バス停付近の茶店のそばの階段

早速石段がお出迎え。で、よーく見ると・・・

宮崎県 鵜戸神宮 参拝時間のご案内 バス停から本殿まで歩いて約20分かかるそうです

「御本殿まで、ここから約20分です。」

って、マジか!

宮崎県 鵜戸神宮 突如として現れるトンネル

更に、その先にはトンネルが。え!? 人が通るのにトンネル掘らなきゃいけないってどういうこと?

宮崎県 鵜戸神宮 トンネル内部 ちなみに車は通れません

これが、トンネルの内部です。まるで自分が車になったみたいです。

宮崎県 鵜戸神宮 トンネル出口 かつてはこの山を越えないと参拝できなかったそうです

トンネルを抜けた先は、長ーい道が。構わず先に進みます。

宮崎県 鵜戸神宮 ここで石段を降ります

その先に喫茶店的なお店がありまして、ここを右に曲がります。

宮崎県 鵜戸神宮 参道の石段 参拝者が歩くため、石が擦り切れています

曲がった先は、長い石段でした。これが結構歩きにくい。

ここは鵜戸山八丁坂と呼ばれていまして、トンネルがなかった頃は、この坂を行くしかなかったんだそうです。で、鵜戸神宮参拝のためにここを歩く人で、石段の真ん中がすり減ってしまったんだそうです。(だから歩きにくかったんですね)

ちなみに、438段登って、377段下るので、合計815段あるそうです。

宮崎県 鵜戸神宮 入り口付近

石段を下りると、目の前が開けてきました。どうやら着いたみたいです。

宮崎県 鵜戸神宮 神門

「着きましたー」

しかし、なんか写真と違うし。どうやらここは神門というらしく、本殿はまだまだここから先なんだそうです。

宮崎県 鵜戸神宮 楼門

神門の先に、楼門があります。で、その先はというと・・・

宮崎県 鵜戸神宮 千鳥橋の手前

はい。本殿はまだまだ先なのでした。

宮崎県 鵜戸神宮 千鳥橋

楼門からずうっと進んだ先に、千鳥橋があります。

宮崎県 鵜戸神宮 玉橋

更にその先に、玉橋があります。橋の幅が細くなり、しかも「これより先、左側通行」と書いてあります。もしかして、もう近いのかと思ったら・・・

宮崎県 鵜戸神宮 玉橋から御本殿方向を撮影

着きました! 鵜戸神宮の本殿です。

宮崎県 鵜戸神宮 玉橋から御本殿までの石段 ご覧の通り、かなり急です

しかし、ここから本殿までは急な石段があります。足を滑らせないよう、気を付けて降ります。

宮崎県 鵜戸神宮 大鳥居

確かに、バス停からは歩いて20分ぐらいかかりました。しかも、平たんな道ではなく、ところどころ石段があります。非バリアフリー度で考えれば金刀比羅宮の方が上ですが、ここも十分到達難易度が高いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください