旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:東京荻窪天然温泉 なごみの湯

2020/10/04

東京荻窪天然温泉 なごみの湯 日の出町つるつる温泉の案内

コロナ後、初めて行ってみました。フロントの手前にモニター式の体温計が設置され、体温を測ってからフロントで入館受付をする仕組みになっていました。また、フロントには感染予防のビニールシートが設置されていました。

・・・で、キューティー吉本が気になっていたのが、この看板。日の出つるつる温泉のお湯に入れるとのことなのですが・・・

「あれ~ここって確か、元々天然温泉じゃなかったっけ?」

はい。元々天然温泉だったところが、つるつる温泉のお湯に変わっていたと言う訳です。理由はよくわかりませんが、温泉が枯れてしまったのか、温泉をくみ上げるポンプが老朽化したのか、それとも季節限定なのか・・・とにかく、黒いお湯があったはずの湯舟に、透明のお湯が入っていたと言う訳です。

つるつる温泉は単純アルカリ泉で、無色透明です。キューティー吉本の体感温度的には、約40℃ぐらいでした。

その他、水飲み場のコップが、プラスチック製から紙コップに変わっていました。また、サウナは間隔を開けて入るようになっていて、1人用のマットを各自持って入る仕組みになっていました。後は、つぼ湯がなくなった代わりに、休憩用の椅子の数が増えていました。

東京荻窪天然温泉 なごみの湯 食事だけでも利用できるそうです

で、お風呂の後はお食事処へ行きます。どうやら、食事処だけの利用もできるようになったみたいです。

栃尾の油揚げ 東京荻窪天然温泉 なごみの湯にて

まず最初に頼んだのが、栃尾の油揚げ。480円とリーズナブルだったので頼んでみました。分厚いお揚げで、ふわふわとした食感。おいしかったですよ。欲を言えば、七味が欲しかったかな。

カツオのたたき 東京荻窪天然温泉 なごみの湯にて

続いて、期間限定メニューのカツオのたたき。980円と少々お高かったのですが、ここは奮発します。強火であぶったカツオを、玉ねぎ・ニンニク・みょうがを添えて、ポン酢でいただきます。鰹独特の臭みもなく、うまかったですよ。

ポテトフライ 東京荻窪天然温泉 なごみの湯にて

次はサイコロステーキと行きたかったのですが・・・1,200円とお高かったので、ポテトフライにしました。こちらは380円とリーズナブルです。

東京荻窪天然温泉 なごみの湯 玄関

レストルームはリクライナーチェアーの数が減っていて、間隔を開けて利用するようになっていました。また、マンガコーナーにもリクライナーチェアーが並んでいました。

夕方になるとどーんと人が増えまして、お風呂はどこもいっぱい。ここはもう一つ湯舟が欲しいところですね。キューティー吉本的は、内湯にも天然温泉があるとサイコーなんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください