旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部

2014/06/11

小田原お堀端 万葉の湯と、箱根湯本温泉 天成園と同じグループです。横浜みなとみらい地区にもあるというので、行ってみました・・・って、こっちの方が東京に近いんじゃないのって説もあるのですが。その名の通り、みなとみらい線のみなとみらい駅のすぐ近くにあります。およそ駅から歩いて3分ぐらいのところです。

熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部 建物

ここは24時間営業です。なので、贅沢に朝湯に浸かるのもよし、終電逃して仮眠を取るのもよし、というわけです。(もっとも、横浜駅とか伊勢佐木長者町とかにあるならともかく、みなとみらい地区でどれだけ終電逃した人ってニーズがあるのかはわかりませんが)

「だったら朝湯に浸かって、一日過ごすってのがいいんじゃない。」

というわけで、朝っぱらから行ってみました。

熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部 フロントは7階です

玄関入って、いきなり面食らうのがこれ。なんと、フロントは1階ではなく、7階だそうです。なので、エレベーターで7階まで上がります。エレベーターを降りた先にフロントがありまして、ここでロッカーの鍵を受け取ります。その後、靴を脱いで靴袋に入れ、館内着または浴衣を受け取る、というシステムです。ちなみに、フロントで鍵をぽーんと渡されたキューティー吉本は、その先で配っている袋が何なのかさっぱり分からず、下駄箱を探していたら・・・

「それが靴袋です。」

いや、これはフロントで教えて欲しかったですねぇ。

熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部 1階玄関前

料金は、大人2,500円。子供1,400円。幼児940円です。また、深夜3:00~5:00に滞在した人(3:00~5:00に入場した人を含む)は追加料金が大人1,600円、子供と幼児は1,000円かかります。しかし、キューティー吉本の場合、なぜか料金が高い。一体なぜかとレシートを見てみると、アーリー加算料金190円が加算されていたのでした。(おいおい聞いてないぞ)

大浴場は7階です。ここは、熱海温泉と湯河原温泉のお湯を、タンクローリーで運んでいるんだそうです。なので、茶色いお湯ではなく、無色透明のさらりとしたお湯です。内湯はかなり広くて、マッサージ風呂と水風呂、寝湯もあります。また、サウナが3種類ありまして、高温、低温、ミストサウナです。キューティー吉本は、お風呂→高温サウナ→水風呂を繰り返してました。

露天風呂も結構広いです。泡風呂と寝湯、檜風呂があります。この檜風呂、ヒノキ造りのたらいのような感じになっていまして、ここから横浜ベイエリアの景色が見える、しかも横浜ベイブリッジの真ん前という、何とも贅沢なお風呂です。ただし、気を付けないと外から見えそうな感じです。

その他、露天風呂の隣には、ごろ寝できるスペースがあります。湯河原温泉はかなりいい感じだったのですが、寝湯は首を置く場所が高すぎてイマイチでした。

熱海・湯河原温泉 横浜みなとみらい 万葉倶楽部 玄関

館内は、2階~3階が駐車場。4階が岩盤浴とヒーリングルーム。5階がリラックスルーム。6階がお食事処。7階がフロントと大浴場。8階がゲームコーナーとキッズスペース。9階が屋上の足湯です。なので、お風呂を上がった後、思いっきり遊びたい人は上へ、ゆっくりしたい人は下へ行く感じです。ちなみに、9階の足湯からの夜景はサイコーです。

キューティー吉本は、ゆっくりお酒が飲みたいので6階へ。しかし、ここで問題が。行った時間が早すぎて、朝ごはん営業の時間帯だったのです。このため、飲み物は注文できるものの、おつまみはカフェテリアから本来朝ごはんとして食べるおかずを買う羽目に。いや、これは完全に盲点でした。

↓お得な前売りクーポンをじゃらん遊び・体験で見る方は、ここをクリック
横浜みなとみらい 万葉倶楽部

しかし、お風呂から上がった後の施設がかなり充実していまして、リラックスルームはかなり広く、しかもゆっくりする人、寝る人、女性といった具合に、エリア分けされていました。更に、ゆっくりする人用のスペースは、横浜の景色が見えるし、携帯電話を充電できるコードまでついているという、これはかなりありがたいですね。

なお、横浜みなとみらい万葉倶楽部には、宿泊できる客室があるそうです。これでシングルルームがあるのなら、ぼっち温泉旅お勧めなんですけどね。

1 件のコメント

  • Cutie Yoshimoto より:

    横浜みなとみらい万葉倶楽部へお泊りしてきました。横浜ってカプセルホテルがないので、こういうリーズナブルかつ清潔感のあるところへお泊りしようとすると、こういう施設があるってありがたいですね。詳しくは、 この記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください