旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

鹿児島 観光レトロ電車

2015/09/20

鹿児島市交通局 101型 観光電車 正面 鹿児島駅にて

鹿児島中央駅に行ってみると、あと15分ほどで観光電車が来るというので、乗ってみました。この観光電車、ご覧の通りのレトロな電車でして、約70分で鹿児島市内をぐるりと1周します。しかもガイド付きでして、鹿児島市の名所や見どころを放送で案内してくれます。

鹿児島市交通局 101型 観光電車 正面 鹿児島駅にて

料金は、大人340円、子供170円です。市電・市バスの1日乗車券でも乗れます。しかしこの列車、運行しているのは金曜日・土曜日・日曜日・祝日だけなんです(年末年始や車両検査時は運休)。しかも、1日たったの2便。鹿児島中央駅10:00発と11:10発だけです(金曜日は10:00発のみ)。なので、たまたまこの電車にあたったキューティー吉本は、かなり運が良かったということです。

この電車に乗ることができるのは、鹿児島中央・天文館通・鹿児島駅前の3つの電停です。鹿児島中央駅に行って、ガイドさんから整理券を受け取ります。で、「観光電車」と書かれた黄色い看板の近くで待ちます。電車が来ると、整理券の番号順に乗ります。なぜそんな面倒くさいことをしているのかというと、座席は23人分しかないためでして、先着順に好きな席を選べるというわけです。

鹿児島市交通局 101型 観光電車 車内 鹿児島駅にて

車内はこんな感じです。レトロ電車だけあって木目調で、出口の近くにガイドさんが立って案内できるよう、マイクがついています。また、進行方向を向いて座れるようになっているシートもあります。やはり市電には違いないので、両端の運転台にはICカードリーダーと運賃箱がついています。ただし、SuicaやSUGOCAは使えません。ま、この電車に乗るんだったら1日乗車券を買った方がいいと思います。

鹿児島市交通局 101型 観光電車 車内 折りたためる座席があります

電車は鹿児島中央駅を出た後、天文館通を通って、鹿児島市駅まで行きます。で、鹿児島市駅の電停で、5分ほど停車します。ここで、記念撮影なんかができます。鹿児島市駅を折り返して、天文館通、騎射場、郡元と順にぐるりと1周して、鹿児島中央駅に戻ってきます。大抵の人はぐるりと1周するのですが、ガイドさんに言えば水族館前で降ろしてくれます。

鹿児島市交通局 101型 観光電車 車内から見える桜島

観光電車からも、桜島が見えます。ただし、今日はあんまりきれいに見えませんでした。

全国各地にレトロ電車がある中、これは乗車難易度がかなり高いといえます。ただし、観光案内がついて370円と考えれば、これは安いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください