旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

三島駅

2016/05/29

JR東海道新幹線 三島駅 駅名票

熱海駅と並んで、伊豆方面の玄関口になっている、三島駅です。東海道新幹線と東海道本線、伊豆箱根鉄道駿豆線(「すまめせん」ではなく、「すんずせん」と読みます)が乗り入れます。

JR東海道新幹線 三島駅 5番線・6番線 5番線が新大阪方面行き、6番線が東京方面行きが発着します

新幹線ホームは、5番線と6番線です。一部のひかりが停車します。上下線が同じホームに止まるという、新幹線では珍しい構造のホームです。左側が6番線で、東京方面行きの列車が発着します。右側が5番線で、新大阪方面行きの列車が発着します。

JR東海道新幹線 三島駅 新幹線ホームから新大阪方向を見る ホームの外側を電車が通過できる仕組みになっています

更に、三島駅ではホームの外側を、通過列車が追い越しできるようになっています。また、車両基地がある関係で、入れ替えがしやすいようにホームが切り欠けています。

JR東海道新幹線 三島駅 新幹線乗り換え改札口

三島市内中心部に近いのは、南口です。新幹線ホームからは、乗り換え改札口を通ります。

JR東海道本線 三島駅 1番線・2番線 主に沼津・熱海方面行きが発着します

1番線・2番線です。主に沼津・熱海方面行きの列車が発着します。ただし、主に使うのは2番線で、1番線は三島駅で折り返す列車を除いて、あんまり使っていないみたいです。

JR東海道本線 三島駅 主に静岡・島田・浜松方面行きが発着します

3番線・4番線です。主に静岡・島田・浜松方面行きが発着します。ただし、主に使うのは3番線で、4番線はあんまり使っていないみたいです。

JR東海道本線 三島駅 南口改札口

南口の在来線改札口です。SuicaやToicaなどのICカードが使えます。ただし、ICカードが使えるのは、熱海駅の1つ手前の、函南駅までです。このため、Suicaエリアでは使えない旨がでっかく書いてあります。

JR東海道本線 三島駅 南口駅舎

JR線の南口駅舎です。三角形の屋根が特徴ですね。

伊豆箱根鉄道駿豆線 三島駅 駅舎

そのお隣にある、伊豆箱根鉄道の駅舎です。その他、東海バスと富士急バスの案内所があります。

伊豆箱根鉄道駿豆線 三島駅 JRとの乗り換え改札口 SuuicaやToicaでは通れません

実は、JR線の三島駅と、伊豆箱根鉄道の三島駅は、中でつながっています。これが、乗り換え改札口です。JR線の切符と、伊豆箱根鉄道線の切符を、2枚重ねて自動改札機に入れます。なお、SuicaやPASMO、ToicaなどのICカードは使えません。一旦JR線の改札口を出て、改めて伊豆箱根鉄道線の改札口から入ります。

伊豆箱根鉄道駿豆線 三島駅 改札口

伊豆箱根鉄道線の改札口です。

伊豆箱根鉄道駿豆線 三島駅 ホーム 左から順に7番線・8番線・9番線です

駅構内は、結構広いです。左から順番に、7番線・8番線・9番線です。駿豆線で伊豆長岡、大仁、修善寺方面に行く列車が発着します。

JR東海道本線 三島駅 駅前バスターミナルとタクシー乗り場 駅前に小川が流れています

駅前にはバスターミナルの他、タクシー乗り場があります。富士山の雪解け水がせせらぎとなっている町のため、駅前にも小川が流れていたりします。

↓お得なJR+宿泊プランを日本旅行で見る方は、ここをクリック
首都圏発 中部発 関西発

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください